心機一転!株からFXスキャルピングに転向の株太郎奮闘ブログ!パチンコ依存→株デイトレ→1年で退場→FXと転向を続け、FXには一番の可能性を感じて日々奮闘中! ユーロ円のみのトレード。 不定期な仕事をしている為、毎日は出来ませんが頑張ります。

このページの記事目次 ( ← 2010年04月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

2010年4月結果報告

   ↑  2010/04/30 (金)  カテゴリー: 月間結果報告
◆日数勝敗(全5日間)
3勝2敗

◆取引数勝敗(全48取引)
26勝21敗2引き分け

◆今月利益
-27371円

◆今月ワースト1取引
・モリシタ
205円×4000株買
195円×4000株売
-40420円

・教訓
押し目を狙った場合は損益5000円を越えたら即得切りすべし。
3594

◆月間総括
4月始めは得切りが出来なかったが、中旬になってだいぶ出来るようになった。

また、株之助さんのDVDや本で逆張りを徹底的に勉強し、4/19の取引では17勝1敗と自分の中ではとてもいい成績を残せた。

その後、ほとんど取引が出来なかったので来月からが本当の勝負になる。

来月は月単位プラスを目指して頑張ります!!

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com
スポンサーサイト

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-75.html

2010/04/30 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【逆張り手法】

   ↑  2010/04/23 (金)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今回は逆張り(急落のリバウンド、押し目)について勉強してみました。

私は以前、順張り中心で売買してましたが何度やっても買う理由がはっきりせずになんとなく買ってしまい、高値掴みも多かったので一度逆張りに挑戦してみるのもありかなという安易な考えで逆張りを始めました。

逆張りにしてみた結果、明らかに買う時の理由がハッキリしたし高値掴みも少なくはなったので私は逆張りの方に可能性を感じています。

その中でもカリスマトレーダー株之助さんなどが行う急落時のリバウンド、押し目狙いについてピックアップしてみたので興味ある方は読んでみて下さい。

◆急落時のリバウンド狙い

《リバウンドはなぜ起こるのか?》
急落時のリバウンドは値動きの習性であって『ボールを高い所から落とし、上に跳ね返るのと同じ』と表現する人までいます。

ただトレーダーの心理が大きく関係しているのは確かでリバウンドするまでには様々な過程が考えられます。

①『誰かが利益確定や損切りなどで大きな売り注文を出す。』

②『大きな売りを見たトレーダー達が狼狽売り(パニック売り)して必要以上に下げてしまう。』

③『売りが落ち着いてくると、ここぞとばかりに買ってくる人(逆張り)が出てくる。』

④『買っている人を見て更に買う人(順張り)が出てくる。』

⑤『売っている人が踏み上げられ、買い戻しをする。』

⑥『トレーダー達の売買(需給)により適正なレート(株価)に落ち着く。』

このことからも分かるように急落時は連鎖的な投げ売りが原因で必要以上に値を下げている可能性が高く、安いと思って買ってくるトレーダー等が出てくることでリバウンドが起きているということが言えます。

また『窓を開けると窓を埋める方向に値が動くことが多い』と言われていますがこれも急騰、急落後にはリバウンドはつきものという意味であるということが言えます。

《急落時のリバウンドは確実か?》
もちろん一概には言えませんが下落するスピードが早く、短時間で大きく下げるほどリバウンドはしやすくなります。

ただ最近の安値等の支持線、移動平均線、トレンドラインなどを割ってしまった場合は転換点になることもあります。

また株の場合、出来高が急増して急落するとリバウンドの可能性が高くなります。

急落中に出来高が多いとエネルギーが溜め込まれている証拠でその後のリバウンドの原動力となります。

あとは売られすぎの状態ではリバウンドがしやすくなります。

これはテクニカル指標の『RSI』により売られすぎかを調べることで分かります。

《RSIとは?》
テクニカル指標の一種で今、買われすぎなのか売られすぎなのかを調べるために使用する指標です。

計算式は

『n日間の値上がり幅の合計÷n日間の値上がり幅の合計+n日間の値下がりの幅合計』

nは14日、9日を使うのが一般的です。

このRSIの数字が0に近いほど、売られすぎ、100に近いほど買われすぎであることを示しています。

一般的には30以下で売られすぎでリバウンドも近いと予想出来ます。

《リバウンドの高さは?》
これも一概には言えませんが最近もみ合った価格帯など出来高の多い値(しこり)までリバウンドすることが目安となります。

その価格帯を突破すれば更に上昇することも見込まれます。

◆押し目狙い

《押し目とは?》
押し目とは上昇トレンドを描いている途中に一時的に値を下げる場面のことです。

ただザラバ中にこれは押し目と分かるものではなく結果論である。

この一時的な下げ(押し目)は前々から早く仕込んでいたトレーダーがこれくらいなら売ってもいいと利益を確定することで起きます。

また、その押し目を待っているトレーダーもいるので買うトレーダーが多ければ再度値が上がります。

この一連の動きがあって、結果押し目を形成していたということになります。

もちろん、トレンドの転換点になりそのまま下げていくこともあります。

《押し目を見極めるには?》
押し目になる可能性が一番高いのは上昇トレンドを形成した一番最初の押し目(初押し)とされています。

それはまだ値が上が出したばかりなので利益確定が少なくトレーダーの高値警戒感も低いため、再度値が上がる可能性が高いのです。

そのため、回数を重ねた高い位置での押し目ほどリスクが高くなります。

あとは前日比のプラス圏、移動平均線などの上で値が推移していることが大切です。

これらの上に値が位置していればトレーダーは強気、下に位置していれば弱気となります。

強気であれば押し目を買ってくるトレーダーも多いと言えます。

もう一つは株の場合、ランキングに出ている銘柄を狙うということ。

値上がりランキングや出来高上位ランキング、売買代金上位ランキングなどです。

注目度が高い銘柄は押し目があれば我先にと買いを入れてくるトレーダーが多いと言えます。

《押し目の下げ止まり位置は?》
機関投資家など多くの投資家に意識されているのが1/3押し1/2押し2/3押し0.382押し0.618押し全押しです。

これは直前の上がり幅と比較して、どれくらい押した(値を下げた)のかを見るものです。

例えば70円から100円に上昇し、90円まで押したら1/3押し、88円まで押したら0.382押し、70円まで押したら全押しとなります。

使い方としては

投資家に人気があり上昇続きの銘柄では買いたい人が多く反転が早いため、1/3押し、0.382押しで反転すると見込んで待ってみる。

投資家にあまり人気がなくゆっくり上昇している銘柄では1/2押しで反転すると見込んで待ってみる。

上昇傾向がハッキリしない、あるいは横ばいの銘柄では2/3押し、0.618押し、あるいは全押しするまで待ってみる。

などが挙げられます。

もちろん為替でもこのような場合で反転することも多いです。

この中でも中途半端な数字0.382押し、0.618押しというのはフィナボッチ比率というテクニカル分析の1つです。

機関投資家も意識しているくらいなので参考にはなると思います。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-63.html

2010/04/23 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【損切り→得切り】

   ↑  2010/04/22 (木)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
突然ではありますが、本日から当ブログでは損切りのことを損切りではなく得切りと表現することとします。

というのも、私は損切りという言葉が、損(マイナス)を切るということでなんか重い表現のような気がしてしょうがないんです。

別に損切りという行為はマイナスなことではなく、未来の利益を生み出すために行う明るい?ものだと思います。

ですから『切れば切るほどお得』(未来に利益が残る)という意味で『得切り』という表現にした方が損切りが今までよりも少し、軽い気持ちで行えるような気がしたのです。

普段から得切りという言葉を使うことで『損切りは得だからどんどんした方がいいんだ』ということを無理矢理、植え付けようという単純な考えです。

よく啓発本にある『普段、何事にも感謝出来ない人が《ありがとう》と意識的に口に出すことで自然に感謝出来るようになる』というあれと同じです。

正直、意味があるかは分かりません…。

本当、自分一人の心理上の問題であり、わざわざここに書くことでもないのですが読んでる方が『得切りって何?』ということになりかねないので説明させていただきました。

多少読みづらくなるかもしれませんがご協力お願いします。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-72.html

2010/04/22 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

今後のトレードルール

   ↑  2010/04/22 (木)  カテゴリー: マイトレードルール
少し前にトレードルールを改定したばかりですが具体性に欠ける部分があるので少しですが改定します。

【今後のトレードルール】

《監視銘柄の選択》
・ランキングやニュース、ストップ高など材料のある動きそうな銘柄。

・出来高が多い銘柄。
売るに売れない状況をつくらないため。
板がパカパカ光っているような銘柄が理想。

・ボラがある銘柄。


*買うタイミング(逆張り)

《寄り付きでGDしている銘柄》
・寄り付き前の気配を見て前日終値よりかなり安く寄り付きそうなら成行で買いに行く。

ある程度下がる毎にナンピンしながら買い下がる。

・出来高があり注目度も高い銘柄に限る。

・悪材料がないかニュースを確認する。



《急激に上げている銘柄》
・押し目を狙う。

・日足チャートなどから高値圏なのかを見極める。

・急落のリバウンドを狙う。
直近の上がり幅の6割程下げたら買う。

1割程下がる毎にナンピンしながら買い下がる。

・移動平均線から大きく乖離しているとトレンド転換もあり得るため、1%の利益を狙う。


《緩やかに上げている銘柄》
・移動平均線と同じような角度で上昇している銘柄。

・押し目を狙う。

・急落のリバウンドを狙う。

リバウンドなく更に下がったら、ナンピンしながら買い下がる。

・緩やかに上げている銘柄はそのまま上げやすいのである程度粘る。


《一直線に下げている銘柄》
・チャートを見て一直線に下げてい下げ止まりそうな銘柄は打診買い。

・下落後、もみ合いになっている銘柄の底を買う。

・底から上がっている途中は買わない。

・急落のリバウンドを狙う。

リバウンドなく更に下がったらナンピンしながら買い下がる。


*買うタイミング(順張り)
・長い下ヒゲ2本、長い上ヒゲ2本は滅多に出ないシグナルであり買い、又は空売りをする。

・もみ合い、ペナントの出来高を伴った抵抗線突破は買う。


《利益確定のタイミング》
・急落、急騰中は1%の利益を取りにいく。

・緩やかな上げはある程度粘る。

・含み益が5000円以上出たら逆指値で利益確定ラインを張っておき、徐々に上げていく。


《ナンピンの方法》
・1株→2株→6株→18株という風にナンピンしていく。

・買い下がっている時にリバウンドがあり、また下がり安値を割ったら即得切り。

・押し目狙いや順張りは絶対にナンピンしない。


《得切りの方法》
・急落狙い以外は損益5000円を越えたら必ず得切りする。

・1ティック下がるだけで5000円以上のマイナスが出る場合は2ティック下がったら即得切りする。

・原則として優先順位の高い成行で行う。


以上です。

また何か問題点あれば随時トレードルール改定していきます。

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-71.html

2010/04/22 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/21トレード結果(-8840円)

   ↑  2010/04/21 (水)  カテゴリー: 株デイトレ結果
午前の取引、超適当にやってしまいました。
っていうか嫁が10時半まで家にいてパソコンが使えないストレスから最初の2つの取引は携帯でやってしまいました…。

もうこんなことはしないです、すみません。


・ファーストリテイリング
14670円×100株買
14670円×100株売
±0円

ユニクロの会社です。
高く寄り付いたので携帯から空売り。
なんとか同値売り。

9983


・京三製作所
483円×1000株買
484円×1000株売
-1000円

携帯トレード第2号。
職業柄知っている会社で上がり過ぎだろうと適当に空売り。
1円抜かれました。

6742


・ユビキタス
367500円×1株買
364500円×1株売
-3000円

嫁が仕事に行き、やっとパソコンでデイトレ開始。
急落を狙ったのですが買った後、更に急落で損切り。

3858


・R-MID
220400円×2株買
220300円×2株売
-200円

押し目を狙いましたが思うように動かなかったので損切り。
ただもう少し待って移動平均線で跳ねるか見ればよかった。

3227


・エイチアイ
271900円×1株買
271200円×1株買

270100円×2株売
-2900円

急落狙い。
これも更なら急落に遭い、損切り。
なんか集中力無さすぎ。
午後は頑張ろう。
ここまでは午前に書いてます。

3846


・シーエスアイ
93900円×1株買
93800円×3株買

94200円×1株売
94600円×1株売
94500円×2株売
+2500円

急落狙いでいい感じで取れました。
午後は結局この取引だけで仕事の準備にかかります。

4320

kei.png
kei2.png


・本日利益
-8840円
(手数料4240円考慮済)

・累積利益
-141735円

・総括
あり得ない。
夕方から仕事だからかデイトレに身が入らない、集中力もない。
みなさんはデイトレに身が入らない時、どうしてますか?
あと携帯でのトレードはもうやりません。
明日は会社のサークル活動があるので出来なくなりました。
次出来る日、おそらく来月入ります。
それまで勉強します!
お疲れ様でした。

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-70.html

2010/04/21 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【ブログを書く事の意味】

   ↑  2010/04/20 (火)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
このブログを始めて半年程になりました。

途中、中断もありましたが最近はブログ友達も出来て楽しく続けています。

正直ブログを書くことは自分の中ですごく大きくて、ブログを書いていなければここまで成長出来ていなかったと思います。(まだまだですが…)

というかブログ書いてなければ、もうとっくに全財産失って退場していると思います。

そのくらい私にとってブログの存在は大きいです。

なので今回はトレードをする上でブログを書いてプラスになると思うことを考えてみました。

変な記事ですみません…。


《ブログを書くことでプラスになる事》

①嫌でも収支を把握することが出来、現実と向き合える。
普通はマイナスなら見返したくもない。

②チャートを載せることで売買したタイミングを客観的に見ることが出来る。

③勉強した内容を載せることで後で見直せるし、忘れない。

④毎回、反省点を考えることで次回のトレードに対策を持って挑める。


〓ここからがけっこう重要〓


⑤実際の収益表を載せることで適当なトレードをしなくなる。
普通は都合の悪いトレードは載せたくない。

⑥トレードルールを載せることでルールを破りにくくなる。

⑦様々な人から見られているので恥をかきたくないという思いから、いい取引をしようと最大限努力する。

⑧ブログで出会えた人達と別れたくないので退場しないようにと頑張れる。

⑨ブログで出会えた人達といい意味でのライバルになり、互いに切磋琢磨し合える。


こんな感じですかね。

本当、私は株で生き残るためにブログを書くことは非常に有効な手段だと思います。

みなさん、切磋琢磨し合って退場しないように頑張りましょう!!

こんなブログではありますが今後ともどうぞよろしくお願いします。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-69.html

2010/04/20 | コメント (6) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/20トレード結果(+9200円)

   ↑  2010/04/20 (火)  カテゴリー: 株デイトレ結果
奮闘結果と言っても昨日ストップ高に張り付き、仕方なく持ち越したワイズマンの決済だけです。

今日は最後に日経平均下げましたね。

職場に長期投資ですが、株に詳しい人がいてインドの利上げや中国人民元の問題で数日で10500円位までは下げるだろうと言ってました。

明日あさってとデイトレやるので不安です。

ちなみに明日ですが、嫁が10時半まで家にいて更に夕方から仕事なので前場後場の一部しか参加出来なそうです…。

あと、今さらですが今まで手数料の計算間違えてました。

昨日も本当は+9000円位でした。

今までの分は直しませんが今回から正しい手数料で書いていきます。


・ワイズマン
55700円×1株買(昨日)
65000円×1株売
+9300円

昨日ストップ高付近で買って指値売り注文をする間もなく張り付いてしまい、売るに売れない状況。
デイトレーダーとしては持ち越しは微妙な心境ですね。
しかし、今日成行売り注文出しておいて良かった。
前場に一度寄り付いた所で売れ、その後再度ストップ高に張り付き。
これはもったいないことしたなぁと思ってたのですが後場で下落しました。
今後もストップ高で張り付くようなことがあった場合は成行売り注文を出しておきます。

ワイズマン

計

・本日利益
+9200円
(手数料100円考慮済)

・累積利益
-123595円

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-68.html

2010/04/20 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

今後のトレードルール

   ↑  2010/04/20 (火)  カテゴリー: マイトレードルール
逆張りを始めて初のトレードルール改定です。

順張りもリスクが少ないものを少し取り入れました。


【今後のトレードルール】

《監視銘柄の選択》
・ランキングやニュース、ストップ高など材料のある動きそうな銘柄。

・出来高が多い銘柄。

・ボラがある銘柄。


*買うタイミング(逆張り)

《寄り付きでGDしている銘柄》
・寄り付き前の気配を見て前日終値より5%以上安く寄り付きそうなら成行で買いに行く。

・出来高があり注目度も高い銘柄に限る。

・悪材料がないかニュースを確認する。

・安く始まり弱気であるため、1ティック2ティックを取りにいく。


《急激に上げている銘柄》
・押し目を狙う。

・日足チャートなどから高値圏なのかを見極める。

・移動平均線から大きく乖離していると急落もあるため、1ティック2ティックを取りにいく。


《緩やかに上げている銘柄》
・移動平均線と同じような角度で上昇している銘柄。

・押し目を狙う。

・急落のリバウンドを狙う。

・緩やかに上げている銘柄はそのまま上げやすいのである程度粘る。

・同値まで下がってきたら撤退を考える。


《一直線に下げている銘柄》
・数日前からのチャートを見て当日まで10%以上一直線に下げている銘柄。

・下落後、もみ合いになっている銘柄。

・もみ合いの底を買う。

・底から上がっている途中は買わない。


*買うタイミング(順張り)
・長い下ヒゲ2本、長い上ヒゲ2本は滅多に出ないシグナルであり買い、又は空売りをする。

・もみ合い、ペナントの出来高を伴った抵抗線突破は買う。


《利益確定のタイミング》
・急落、急騰中は1ティック2ティックを取りにいく。

・緩やかな上げはある程度粘る。

・含み益が5000円以上出たら逆指値で利益確定ラインを張っておき、徐々に上げていく。


《損切りの方法》
・緩やかな上げの銘柄は買い値まで下がって来たら同値撤退する。

・損益5000円未満になるように逆指値で損切りラインを張っておく。

・1ティック下がるだけで5000円以上の損益が出る場合は2ティック下がったら即損切りを考える。


以上です。

なんか感覚的なものが多くて文章で表すのが難しいですが、だいたいこれらを意識して売買していきます。

またローソク足でなくTICKチャートを基本的に見ていきます。

また得られるものがあったらトレードルール改定していきます。

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-66.html

2010/04/20 | コメント (4) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/19トレード結果(+7112円)

   ↑  2010/04/19 (月)  カテゴリー: 株デイトレ結果
久々のデイトレです。

土日に株之助さんのDVDを見たり逆張りの勉強をして今日はコツコツ、損切りを意識してやりました。

それにしても今日は上げている銘柄少なかったですね、買付余力が少なく同じ銘柄の取引が何度も出来ないのが辛かった…。

後場の後半なんか動かなすぎでほとんど見てるだけでした。

・ユビキタス
352500円×1株買
354000円×1株売
+550円

前日終値に対して1万5千円も低く寄り付きそうだったので成行で買いに行きました。
このような場合は売りの人はほとんど成行で売るので寄り付いた後は上がるのがほとんどとのことです。
急落と一緒ですからね。
でも恐いので少し上がって売り。

3858


・エイチアイ
270000円×1株買
274000円×1株売
+2760円

これもユビキタスと一緒で前日より1万も安く寄り付きしそうだったので成行買い。
なんとか高いところで売れたが遅れてたら終わってました。
しかし、ユビキタスもエイチアイも前引け間際のGCで爆上げしてますね。

3846


・インフォテリア
138000円×1株買
138200円×1株売
+180円

これも前日より5千安く寄り付き、更に急落したので買い。
下降中は怖いのですぐ利確しました。

3853

・KOA
900円×100株買
900円×100株売
±0円

急落を見て買い。
しかし動きが鈍く、同値撤退。

6999


・ワイズマン
55700円×1株買

これはストップ高直前での押し目を狙ったのですが売ろうと思ったら張りついてしまいました。
逆指値で売り注文は出してましたが売れませんでしたので明日寄り付きで売ります。
しかし5株買い注文してたんで1株しか約定しなくてよかったです。
余力がないので。

3752


・アクセルマーク
135100円×1株買
136000円×1株売
+390円

強い上昇時の急落を狙いました。
結果取れましたがその後、急落…危ない。

3624


・デジタルガレージ
242000円×1株買
242400円×1株売
+360円

これも急落狙い。
急激な上げ後で恐いので、すぐ利確。

4819


・ディア・ライフ
28600円×3株買
28800円×1株売
28900円×2株売
+720円

押し目狙い。
ローソク足だと分からないのですがTICKチャートだと押し目でした。
出来高も少ない銘柄でしたので注意しました。
一応TICKチャートも載せます。

(ローソク足)
3245ローソク

(TICKチャート)
3245TICK


・シコー
213200円×1株買
214000円×1株売
+300円

これもTICKチャートでは押し目でした。
急激な上げでなく右肩上がりの上昇はもうちょっと粘っても良さそうですね。

(ローソク足)
6667ローソク

(TICKチャート)
6667TICK


・AMI
77400円×5株買
77800円×5株売
+300円

急激な上げの押し目。
すぐに利確。
やはり平均線から乖離していると目先に下落が待ってますね。

3773


・GCA
125100円×5株買
125340円×5株売
+170円

緩やかな上げの押し目。
移動平均線と同じような角度で上がっている時は粘っても良さそう。

2174


・テクマトリックス
105200円×3株買
103960円×3株売
-3700円

やってしまった。
押し目と思ったがあそこで切り返しだったんですね。
一度-5000円になったのに損切り出来なかったので気を付けよう。

『損切りは今のマイナス、未来のプラス』

3762


・テクマトリックス
103700円×3株買
104400円×3株売
+1062円

うん!?なんか聞いたことある名前。
そう…さっき前場最後に取引した銘柄です。
前場上昇トレンドだったのにも関わらず、後場の寄り付きで3000円も安く寄り付きそう。
寄り付きで成行買い。
少し上がって利確。

37622


・ユビキタス
380500円×1株買
381000円×1株売
+400円

ユビキタス2回目。
強い上げの後の急落を狙いました。
値動き早いのですぐ利確。
最初はこの板の早さに付いていけなかったがだいぶ落ち着いて見られるようになった。

38582


・サマンサJP
121000円×2株買
121800円×2株売
+1020円

急落狙い。
ほんの10秒で利確しました。
ちなみに勉強のためにたまにデイトレを動画で撮っているんですが試しにブログに貼って見ました。
流れている曲は気にしないで下さい。

7829

(動画)



・ユビキタス
386500円×1株買
387000円×1株売
+200円

ユビキタス3回目。
ユビキタス用の余力がないため、仕方なく信用使いました。
これも上昇後の急落狙い。
すぐ利確です。

38583


・ゼクス
597円×200株買
599円×200株売
+360円

これ安い銘柄なのに値動きが半端ないです。
押し目を狙い、すぐ利確。
チャートを見るとその後、特別売り気配になってますね、ほんと恐いです。

8913


・シーエスアイ
102700円×1株買
103100円×1株売
+540円

ゼクス取引後、あまりに動かないので約1時間休憩。
株之助さんのブログを見たらこのシーエスアイを取引したと書いてあったので覗いてみました。
そうしたらちょうど急落中。
支持線も近いし板が厚くなっていたので買いました。
すぐ利確。

画像

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-67.html

2010/04/19 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【ローソク足とトレーダー心理】

   ↑  2010/04/17 (土)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今回はローソク足について勉強してみます。

ローソク足は基本中の基本なだけに勘違いしていると痛い目に遭います。

私は株を始めるにあたって株の本を読みあさった訳ですが最初はそれらに惑わされ、大きな勘違いをしました。

それはローソク足が売買のタイミングを掴む上で一番重要であると言うことでした。

本などでは『このローソク足が出たら買い、売り』みたいな表現があまりに多く、ローソク足が全てであると勘違いしたのです。

だから初めて作成したトレードルールもローソク足を中心としたものでした。

しかしマニュアル通りのローソク足が出現することは滅多になく、あったとしてもその後の動きは思うようにいきませんでした。

ローソク足は売買タイミングを図る上での1つの材料なのであって移動平均線や出来高、チャートの形など様々なものと複合させて考えることで信頼度を上げていく方法なのだということが分かりました。

ただローソク足がトレーダーの心理に影響を与えるのは確かで、どのようなローソク足がどのようにトレーダーに影響を与えるのかを考えることが必要です。

なので今回はこのローソク足が出たら売り、買いというよりかはローソク足がどのようにトレーダー心理と関わっているかというのことに観点を置いてみました。

《トレーダーの心理と関わるローソク足》
ローソク足からはレート(株価)の流れ以外に分かることがあります。

①『ローソク足からトレーダーが強気、弱気、それとも迷っているのかなどトレーダーの心理状態を読み取ることが出来ます。

②『ローソク足をトレーダー達が見ることでトレーダーの心理に影響を与え、今後のレート(株価)の動きがどうなるかを予想することが出来ます。

以下の図は強気と読み取れるローソク足から弱気と読み取れるローソク足へと強い順で並んでいます。

一番下の列のローソク足はトレーダーの迷いを示しており、トレンドの転換点に出ることが多いとされています。

ローソク足

このローソク足の中でも特にトレーダーの心理に影響を与えるとされているローソク足が長い上ヒゲと長い下ヒゲです。

長い上ヒゲは買いたい人が多く一度高値を付けたが今度は売りたい人が増え、値が押し戻されてしまったことが分かり、長い下ヒゲは売りたい人が多く一度安値を付けたが今度は買いたい人が増え、値が押し戻されたことが分かります。

ヒゲ

このような長い上ヒゲ、長い下ヒゲが2つ以上並べば更にトレーダーは強気、弱気となりチャートでいうW天井(Wトップ)やW底(Wボトム)と同じような事象が起きていると言えます。

しかしテクニカル信者を逆手にとってだましのローソク足やチャートをつくる大口もいるので注意して下さい。

《ローソク足は完璧じゃない》
ローソク足は日本生まれのもので相場の強弱を見るのには最適と言われています。

しかし同じローソク足でもレート(株価)の流れが違うということがしばしばあります。

例えば上ヒゲ、下ヒゲが出ている陽線の場合、レート(株価)の流れは大まかに分けて2通り。

①『始値から買い優勢で一旦高値を付けたが売り優勢となり安値を付けた。
再度買い優勢となり始値より高く買い優勢のまま引けた。


②『始値から売り優勢で一旦安値を付けたが買い優勢となり高値を付けた。
再度売り優勢となり始値より高いが売り優勢のまま引けた。


株価の流れ

このことからも分かるようにローソク足では正確なレート(株価)の流れを読めていない時があります。

より正確なレート(株価)の流れを読むにはTICKチャート(ティック)を見るか5分足より細かい1分足を見るなどの方法が挙げられます。

それぞれメリット、デメリットがあるので場面、場面での使い分けが必要です。

《複数のローソク足から相場の強弱を読み取る方法》
高値圏や底値圏などで陽線や陰線が複数並んだりして強気なのか弱気なのかが読み取りにくい場合があります。

そのような時は2つのローソク足を合体させて考えます。

例えば高値圏で同じ長さの長い陽線と陰線が水平に並んだ場合、レート(株価)の流れは一旦高値を付けたが、その後下がり、結局上がる前と同じレート(株価)になったことが分かります。

そのため、2つのローソク足を合体させると⊥(トウバ)となり長い上ヒゲであったことが分かり、目先レート(株価)が下がる可能性が高くなります。

《まとめ》
このようにローソク足はどれが出たら売り、買いと考えるよりかはどのようにトレーダーの心理と関わっているのかを考えることが重要です。

またローソク足を形として捉えるのではなくレート(株価)の流れを頭の中で描きながら見ることが大切です。

P.S.
この記事、完成させるのに3日ほどかかりました…。

様々な本やHPを見て情報をかき集め、画像はペイントで自作したので正直大変でした。

ローソク足は基本中の基本なだけにゼロから見直すことで自分自身、大変勉強になりました。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-65.html

2010/04/17 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

投票【順張り派?逆張り派?】

   ↑  2010/04/13 (火)  カテゴリー: 投票
↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

こんばんは。

当ブログの初イベント、アンケートを只今より開始します

今回のテーマは

順張り派?逆張り派?

です。

それぞれ良いところ、悪いところあるかと思いますがコメントも書けますのでぜひぜひ、ご協力下さい

ある程度人気?があれば続けて行きたいと思いますのでよろしくお願い致します

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

FC2スレッドテーマ : デイトレード (ジャンル : 株式・投資・マネー

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-64.html

2010/04/13 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/12トレード結果(+48747円)

   ↑  2010/04/12 (月)  カテゴリー: 株デイトレ結果
↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

最近ほんとに新興系強いですね、新高値更新の連続です。

今日も前引け間近くらいから上げて来たように見えました。

もちろん利益は付いてきてませんが。


・ファーストリテイリング
14780円×100株買(4/8)
15460円×100株売
+58941円

まずは持ち越しのポジションから。
普段はスイングやらないのですが含み益があったためにオーバーナイトしてしまいました。
アナリストのレ-ティングが悪いため、下げるかもと思って見てました。
前日終値を割りそうになったので利確しました。
スイングは極力やらないように気を付けます。

9983


・エイチアイ
257200円×1株買
253000円×1株売
-5420円

チャートを見ると押し目にはなってませんが板で押し目を確認し買いました。
上がった時に利益確定しようと考えていたのですがあっという間に含み損。

3846


・大阪機工
151円×1000株買
152円×1000株売
+900円

急落を狙っていきました。
素早い利確で1ティック抜き。
急落時は欲張らずにこれくらいでいいんですよね。
900円とバカにするけど牛丼3杯分です。

6205


・富士通コンポーネント
68100円×5株買
67900円×5株売
-1420円

これも急落狙い。
今見れば1ティックなら取れてましたね。
欲張らずコツコツと。

6719


・アプリックス
107600円×2株買
107200円×2株売
-800円

板から押し目を確認して買い。
ちょっと下がって損切り。
もう少し粘ってればかなり利益取れてましたね。

3727


・オプト
128400円×2株買
127600円×2株売
-2020円

急落狙い。
今見るとかなりの大出来高で急落ですね。
寄り付きの値に戻ってその後は閑散としてます。
ってか出来高少ないとこは入るなって。

2389


・スターティア
276500円×2株買
277000円×2株売
+480円

結果的にはいいけど2つ目の陰線で買うのはいかがなものか?

強い銘柄の押し目はだいたい1つの陰線ですからね。

3393


・アイティメディア
91300円×5株買
90700円×5株売
-3620円

押し目を狙いましたがだめでした。

陽線続きの後にこんな静かになるのは不思議ですね。

2148


・ユビキタス
332000円×2株買
333000円×2株売
+1380円

値動き早すぎます。
含み益になったり含み損になったり…どうしたら慣れるんだろ?
とりあえず指値置いて2ティック抜き出来ました。

3858


・ウェブマネー
217000円×3株買
217500円×3株売
+320円

押し目狙い。
平均線にも支えられているしもう少し粘ればよかったかも。

2167
12計
12計2
21計3

・本日利益
+48747円

・累積利益
-140007円

・総括
デイトレだけで言えば今日の利益は-1万円。
負けは多かったものの損切りは最高で5420円。
塩漬けにならないよう気を付けました。
利益確定も出来るだけ早くと心掛けましたがどこまで粘るかが難しいです。
やはり順張りより逆張りのがしっくりきます。
株之助さんの本やDVDを見てもう一度トレードルールを考え直そうと思います。
次のデイトレは19日まで出来なそう、ひどい…
ではお疲れ様でした。

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-62.html

2010/04/12 | コメント (4) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【移動平均線・ゴールデンクロス・デッドクロス】

   ↑  2010/04/11 (日)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今回は移動平均線・ゴールデンクロス・デッドクロスについてです。

◆移動平均線

トレーダーによっては移動平均線のことをMA(Mooving Average)と呼ぶこともあります。

移動平均線は基本であるとはいうものの、チャート、出来高、トレンドラインなどと比べてみてもとても奥が深いように思います。

テクニカル指標の計算にも使われているくらいなので売買をする上で大切なのは分かりますが本によって活用の仕方が違うしトレーダーによっても活用の仕方が違うので非常に曖昧で分かりにくいからです。

私も分からない故に平均線を参考にして売買するということは今までほとんどしていません。

なので今回は本やホームページなどを参考にして移動平均線について徹底的に勉強していきたいと思います。

《移動平均線とは?》
一定期間の直近終値の平均を結んだラインでデイトレでは5本移動平均線、12本移動平均線の2本を使うトレーダーが多いみたいです。

ただ場合によっては25本移動平均線がよく機能する場合などもあり、そこが難しいところと言えます。

《計算方法は?》
例えば5本移動平均線の場合、現在から過去のローソク足5本の終値の平均値を結んだもので一般的な5分足チャートで表示すると60円→60円→61円→62円→63円(現時点)と終値が推移した場合(60+60+61+62+63÷5=61.2)61.2円が現時点での5本移動平均線が通る値になります。

移動平均線

また移動平均線とはその期間にトレーダー達が買ったレート(株価)の平均を表しているものであり、値が移動平均線より上にあるとその期間に買ったトレーダー達は含み益があり、下にあると含み損を抱えている状態であると分かります。

《どう活用するのか?》
①移動平均線の向きからレート(株価)のトレンドを捉えることが出来ます。

移動平均線はレート(株価)の流れを平均化してなだらかにしたものなので右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンドということが分かります。

短期の移動平均線ほどだましが多いのでトレンドをつかむためには12本線や25本線を使います。

また5本線、12本線、25本線の3本を表示させ、上から順に5本線、12本線、25本線と並んでいる場合『順パターン』となり、強い上昇トレンドであることが分かります。

逆に25本線、12本線、5本線と並んでいる場合『逆順パターン』となり、強い下降トレンドであることが分かります。

②移動平均線が株価の反発ポイントになることがあります。

移動平均線はその期間にトレーダー達が買ったレート(株価)の平均なので値が移動平均線が抜けるのにはエネルギーが必要です。

また今までの経験からここで反発するかもと思って買ったり売ったりするトレーダーもいるので反発しやすいポイントになります。

もしレート(株価)が移動平均線を抜ければトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

下落している値が反発しやすいのは移動平均線が上向きの時、上昇している値が反発しやすいのは移動平均線が下向きの時が多くなります。

反発

③移動平均線は値を引き寄せるという習性があり、移動平均線と値との離れ具合(乖離率)で近いうちに値が反発するということを予想することが出来ます。

一般的に長期の移動平均線ほど引き付ける力があります。

上の画像からも分かりますが値が移動平均線から上に離れると下に引き付けられ、下に離れると上に引き付けられているのが分かります。

この乖離率は株の場合、仕手株などを除いて±30%程度が引き戻されるメドとなります。

また日経平均では長期線(200日線・26週線)との乖離率が±15~20%で目先反発することが多いようです。

④複数の移動平均線の動きを一緒に見ることで買いタイミングや売りタイミングが分かります。

これは次のゴールデンクロス、デッドクロスに関係することなのでそちらで紹介します。

◆ゴールデンクロス(GC)・デッドクロス(DC)

短期の移動平均線が長期の移動平均線の上に抜ける瞬間のことをゴールデンクロス、逆に短期の移動平均線が長期の移動平均線の下に抜ける瞬間のことをデッドクロスと言います。

名前を見ても分かる通り、ゴールデンクロスは買いタイミング、デッドクロスは売りタイミングとなります。

とあるサイトに面白い実験が載ってましたので紹介します。

コンピュータにある条件をプログラミングして株20銘柄1年間自動的に売買(スイングトレード)をさせるという実験です。

条件は以下の通り。

《買い》
40日移動平均線と100日移動平均線のゴールデンクロスがあり、株価が40日移動平均線より上の時。

《売り》
株価が40日移動平均線を下回ったら。

《空売り》
40日移動平均線と100日移動平均線のデッドクロスがあり、株価が40日移動平均線より下の時。

《買い戻し》
株価が40日移動平均線を上回ったら。

たったこれだけの条件で20銘柄のうち、16もの銘柄がプラスだったそうです。

これからも分かるようにゴールデンクロス、デッドクロスは売買タイミングを図る上で非常に有効な手段であることが分かります。

ただデイトレでは短い期間の移動平均線しか使わないため、前回紹介したVWAPと同様で過去に持っていたトレーダー達の動向などによってはだましも多々出るようです。

またゴールデンクロスとデッドクロスはクロスする時の移動平均線の向きと値の位置により信頼度が変わります。

ゴールデンクロスの買いタイミングとして一番信頼出来るのは長期線が上向きの時に短期線が上に抜け更にレート(株価)がこれらの平均線の上に位置している場合。

レート(株価)が下にあったり長期線が横ばい、または下降中だと信頼度が落ちます。

デッドクロスの売りタイミングとして一番信頼出来るのは長期線が下向きの時に短期線が下に抜け更にレート(株価)がこれらの平均線の下に位置している場合。

レート(株価)が上にあったり長期線が横ばい、または上昇中だと信頼度が落ちます。

GCDC.png

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-60.html

2010/04/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

株デイトレ講座【出来高・VWAP】

   ↑  2010/04/11 (日)  カテゴリー: 株講座
今度は出来高・VWAP(ブイワップ)について勉強していきたいと思います。

◆出来高(ボリューム)

出来高とは売買タイミングを図るためには欠かせないもので『出来高は株価に先行する』とも言われます。

チャート上に棒グラフで表され、約定した株の数量(相場のエネルギー)を表しています。

出来高が急増したところはトレンドの転換点になりやすく、安値圏で出来高の急増を伴って株価が上昇し出したら上昇トレンドに、高値圏で出来高の急増を伴って株価が下降し出したら下降トレンドに入った可能性が高くなります。

またもみ合いから株価が突破(レンジブレイク)する時も出来高の急増を伴えばトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

安値圏で出来高が急増して株価が上がるのは『資金がその銘柄に流れ込んで来て人気が出てきた状態』で高値圏で出来高が急増して株価が下がるのは『資金がその銘柄から逃げ出している状態』と言えます。

下の画像をを見ると天井や底を打つ時も出来高が急増していて相場の転換点には出来高が急増することが分かります。

出来高
またデイトレでは1日合計の出来高も重要になってきます。

出来高が少ないと買いたい時に買えなかったり売りたい時に売れなかったりして非常に危険です。

出来高は単元数の1000倍以上の銘柄を選ぶようにしましょう。

(出来高が少ない銘柄の板)
少ない

(出来高が多い銘柄の板)
多い

チャートからも出来高が多いのか少ないのかが一目で分かります。

寄引同時線(+⊥―)が多かったり空白があると出来高が少ないことが分かります。

(出来高が少ない銘柄のチャート)
チャート少ない

(出来高が多い銘柄のチャート)
チャート多い

◆VWAP(出来高加重平均価格)

VWAPとはその日トレーダー達が買った株価の平均の推移をリアルタイムで見られる指標です。

その日の出来高や売買高などを加味している数値なのでトレーダーにとっても意識されやすく、機関投資家や外国人投資家にも参考にされています。

VWAPは移動平均線に近いもので株価を支えたり壁になったりします。

株価がVWAPを上に抜けたり下に抜けたりするとトレンドの転換点になる可能性があります。

ただ当日のみの平均を表しているので過去に持っていたトレーダー達の売買が多ければ参考にならない時もあります。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-59.html

2010/04/11 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【トレンドライン・支持線・抵抗線】

   ↑  2010/04/09 (金)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今まで常に新しいことを学ぼうと意気込んで勉強してきましたがやはり基本が一番大切なのでは?と最近思いましたのでもう一度基本に戻って徹底的に勉強していこうと思います。

今回はトレンドライン・支持線・抵抗線について。

◆トレンドライン

【説明】
トレンドラインとはレート(株価)のトレンド(上昇・下降・もみ合い)を分析したりトレンドの転換点を捉えるためにチャート上に自分で引く補助線。

【ラインの引き方】
安値と安値、高値と高値を直線で結びます。

ローソク足の長いヒゲは無視しても構いません。

正確に引くことにこだわらず、どんどん引いてみます。

《使い方》
まずはラインの角度から今のトレンドを見極めます。

右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド、水平ならもみ合いになります。

そしてこのトレンドラインをレート(株価)が突破するとトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

目視だけだと分かりづらいのでとにかくチャート上にラインを引いてみることが大切です。

引いてみると意外にもラインがちゃんと働いていることが分かります。

トレンドライン

◆支持線・抵抗線

【説明】
支持線、抵抗線とは反発しやすい水準やトレンド転換点を捉えるためにチャート上に自分で引く補助線です。

抵抗線はレジスタンスラインとも言われます。

抵抗線をレート(株価)が突破することを『ブレイクアウト』、支持線を突破することを『ブレイクダウン』と言います。

【ラインの引き方】
過去に何度か反発があって今後もトレーダーに意識されそうな高値や安値を基準にして水平に線を引きます。

1日の中で反発のあったところ、数日の中で反発があったところなどいろいろな期間を基準にして線を引きます。

【使い方】
支持線や抵抗線はレート(株価)が反発しやすいところです。

このラインを値(株価)が突破するとトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

またレート(株価)が抵抗線の上に抜けると抵抗線は支持線に代わり、支持線の下に抜けると抵抗線に代わることがあります。

【反発の理由】
一概には言えませんが例えば長い間、レート(株価)が100円~110円の間を行き来していた場合、その期間に取引していたトレーダー達はレート(株価)110円でほぼ全員が含み益がある状態になり、レート(株価)100円でほぼ全員が含み損を抱えている状態になります。

レート(株価)110円になれば利益確定をしたりここで反発するだろうというトレーダーが増えてきて反発しやすくなります。

反発しないで突破した場合は皆が含み益がある状態に加えてトレンドが転換したと判断するトレーダーが増えて買い優勢になりやすくなります。

逆にレート(株価)100円になればほぼ全員が含み損を抱えている状態になり、安いと考えて買ってくる人やここで反発するだろうと買ってくるトレーダーが増えてきて反発しやすくなります。

反発しないで突破した場合は皆が含み益を抱えている状態に加えてトレンドが転換したと判断するトレーダーが増えて売り優勢になりやすくなります。

支持線抵抗線

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-58.html

2010/04/09 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/9トレード結果(持ち越し)

   ↑  2010/04/09 (金)  カテゴリー: 株デイトレ結果
↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

昨日、今日と仕事だったのですが昨日朝寄り付き1時間だけ参加。

前に長期でアパレル関係のスタートトゥデイを持っていた時に同業種のユニクロを展開しているファーストリテイリングの値動きもよく見ていました。

最近、3月の売り上げが落ち込んだことで株価は急落。

各証券会社のレーティングも軒並み格下げして更に下落。

昨日の寄り付きでなおも下落してきて急落したところをいくらなんでもと買ってしまいました。

しかも昨日は決算発表日。

私は3月の売り上げが少し落ち込んだだけだし下方修正もしてないしで決算はマーケットの予想を上回るだろうと予想。

とりあえず損切りだけは考えて思い切って買いました。

・ファーストリテーイング
14780円×100株買

結果、昨日買ったところを底値に上昇。

含み益2万円で大引け、そして決算発表。

決算の結果は…

証券会社のアナリストの予想より上にいき、通期予想の上方修正、さらに配当の増額もありました。

そして今日は前日比+500円くらいで寄り付き、そのまま推移。

今現在の含み益は68000円。

まだまだ上値余地はあると思うのでもう少し持ちたいと思います。

ファンダメンタルズに関しては無知なのに…スイングトレードやってしまった。

すんません。

まあ自分的には大幅な含み益がある場合は持ち越しもありかなと。

月曜がどうなるか不安ではありますが。

デイトレは一度基本に戻って勉強しています。

勉強内容はブログに載せていきますのでよろしくお願いします。

ユニクロ

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-57.html

2010/04/09 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

4/7トレード結果(-83590円)

   ↑  2010/04/07 (水)  カテゴリー: 株デイトレ結果
↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

今日もだめだめでした、もう自分には向いてないんじゃないかと絶望してます(__;)

・エイチアイ
237600円×1株
234300円×1株買

236800円×2株売
-310円

最近強いので初押し狙い。
急落したのでナンピンしてなんとかとんとん。

23846


・サイゼリヤ
1743円×1200株空売り
1749円×1200株返済買
-9480円

昨日上方修正があったのですが寄り天になりそうなチャート。
今まで何度も好材料での寄り天を見ていたので空売り。
まあ、チャート見てみると自分が空売りしたとこだけ上がってますね…
狙いはよかったから悔しい。

7581


・京三製作所
459円×1000株空売り
464円×1000株返済買
-5670円

ここは自分の仕事と同業種なので気になってよく見ていた銘柄。
いくらなんでも買われすぎだろうと空売りしたのですが全然だめでした。

6742


・インフォテリア
144600円×6株買
143700円×6株売
-6140円

押し目ではなくもみ合いでした。
10分くらい持って売り。

3853


・第一生命
154900円×5株買
154800円×5株売
-1340円

ここも上場してから気になっていたのですが今日になってやっと上げてきた。
押し目を狙ったが動きそうになかったので売り。
結果的には直後に上がってます。

8750


・ブイテクノロジー
597000円×1株買
598000円×1株売
+480円

順調に上げていたので押し目狙い。
ちょっと上がって板が厚く戻されそうだったのですぐ売り。

7717


・明光ネット
694円×1000株買
691円×1000株売
-3420円

693円×700株空売り
695円×700株返済買
-1820円

強い上げの押し目を狙ったが板も厚く上がらなくなったので売り。
この場面がトレンド転換点ではないかと懲りずに空売り。
まあ、どちらも反対に行かれておしまい。

4668


・塩野義製薬
1808円×400株買
1808円×400株売
-2040円

これも強い上げの押し目、12本平均線もあり反発すると思ったのに。

4507


・モリシタ
205円×4000株買
195円×4000株売
-40420円

押し目だと思い、買ったのですがだめ。
低位株なので損いっぱい(´Д`)
しかもなぜか後場は寄り付きでストップ高でした。

3594


・メディネット
37950円×20株買
37350円×20株売
-12840円

押し目を狙ったのはいいですが入るの早すぎ、損切ったあとに若干上がってます。

2370


・ザイン
218300円×3株買
218800円×3株売
+840円

損切りは遅いのに利確は早ぃ。
もっと粘れば。

6769


・ヴィレッジヴァンガード
407500円×1株買
409000円×1株売
+930円

ここはよく使う本屋…じゃなかった…。
急落を狙って少し上がって売り。
粘れるとこは粘れ。

2769


・参天製薬
2873円×200株買
2866円×200株売
-1820円

ここも急落狙い。
急落の終わるタイミング分かんねえ。

4536


・ローランド
1175円×600株買
1179円×600株売
+880円

GDで急激な下落。
これはリバウンドあるだろうと約定した瞬間ガッツポーズ。(心の中で)
まあ、これだけは良かったんじゃない?

7944


・エムスリー
330500円×2株買
330000円×2株売
-1420円

押し目と平均線を意識して買ったがだめでした。

2413
7 1
7 2
7 3
7 4

・本日利益
-83590円

・累積利益
-188754円

・総括
だめ過ぎる。
午前は特に全て予想と反対に値が動いてる。
こんなんじゃ損切り出来ても勝てない。
しかも損切り、ずーっと自分で書いた損切りの記事を見て損切りするぞと思っていたのに出来ないところがあった。
急落に巻き込まれ、損切りが間に合わなかった銘柄があったのも確か。
今後はやはり買うと同時に逆指値の損切りラインを入れときます。
また、話しは変わりますが本日カリスマトレーダー株之助さんのブログにコメントをしたところ、このブログを見ていただきアドバイスをくれました。
とりあえずこのままでは破滅するからロットを小さくした方がいいというアドバイスでした。
まだまだ甘いようです。
分かってはいましたが…。
そのアドバイスをいただいたのはザラバ中でしたがその後は頭を冷やすために取引を止めました。
さて、これからどうしよう。
次の取引は12日、それまで考えます。
お疲れ様でした。

↓(応援クリックお願いします)
にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレードへ人気ブログランキングへ

↓(3月現在95人紹介、計約2万5千円換金)
お財布.com

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-56.html

2010/04/07 | コメント (13) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

株デイトレ講座【特別気配・注意気配】

   ↑  2010/04/06 (火)  カテゴリー: 株講座
今回は特別気配・注意気配について。

板情報を見ているとまれに表示される[特]というあれです。

板
なんとなくは意味が分かってはいても詳しく説明出来る方は少ないのではないでしょうか?

ネットで調べても詳しく出ているところは少ないです。

今回はいくつかのサイトに載っていたことをかき集めて紹介します。

特別気配は簡単に言えば一気に値が上がったり下がったりしないように一時的に取引を停止させる特別な処置で、特別買い気配と特別売り気配の2つがあります。

これはだいたいの方が知っているかと思います。

そこで今度は詳しい仕組み。

まず皆さんがイメージしやすいストップ高・ストップ安。

1日で動く株価の値幅の限界です。(制限値幅)

そして実は1回の約定ごとにも動く値幅の限界が決められています。

これは更新値幅といって株価によって以下のように決まっています。

(株価10000円未満のみの例)
~200円未満《±5円》
~500円未満《±8円》
~700円未満《±10円》
~1000円未満《±15円》
~1500円未満《±30円》
~2000円未満《±40円》
~3000円未満《±50円》
~5000円未満《±70円》
~7000円未満《±100円》
~100000円未満《±150円》

例えば株価150円で約定された後に買いたい場合。

板がスカスカで165円の売り注文しかなく165円で買い注文を出します。

このまま約定させると更新値幅5円を越えて15円になってしまうため、[特]を表示させて更新値幅以内の売り注文が来るのを待ちます。

この場合の更新値幅は5円なので155円のところに[特]が表示されます。

つまり165円の買い注文を出しているのに一時的に155円の買い注文になってしまうのです。

そして5分経っても155円の売り注文が現れない場合、更新値幅分5円再度上がり売り注文を待ちます。

今度は一時的に160円の買い注文になります。

そしてさらに5分売り注文が現れなければ165円となりこれでやっと約定します。

これとは別に大阪証券取引所、ヘラクレス市場では注意気配というものがあり板情報に[注]と表示されます。

特別気配と値幅や待つ時間が違うだけで意味合いはほとんど同じです。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-55.html

2010/04/06 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

株デイトレ講座【デイトレ用語③】

   ↑  2010/04/05 (月)  カテゴリー: 株講座
*ポジション
株を持つことをポジションを取るといい、株を売ることをポジションをたたむという。
空売りの場合は空売りすることと買い戻すこと。

*含み益(含み損)
持っている株(建て玉)で利益の出ている状態を含み益があると言い、損益がある状態を含み損があると言う。

*軟調
下げが続いたり、市場が盛り上がらない状態のこと。

*ザラ場(雑乱場)
寄付きから引けまでの市場が開いている時間のこと。

*上値余地(下値余地)
株価が今後上がった(下がった)時に動くと思われる範囲のこと。

*トレンド系
テクニカル指標の種類の1つで相場の方向性を見るためのもの。
ローソク足、トレンドライン、移動平均線、一目均衡表などがある。

*オキシータ系
テクニカル指標の種類の1つで相場の転換点を見るためのもの。
ストキャスティクス、MACD、RSIなどがある。

*レジスタンス
上値や下値の抵抗線のこと。
株価がそれ以上上がりにくい(下がりにくい)壁となる株価水準。

*アヤ戻し(アヤ押し)
下げ相場の中で少し値を上げることをアヤ戻し、上げ相場の中で少し値を下げることをアヤ押しという。

*低位株(超低位株)
値段の低い株のことで一般的には300円以下の株を低位株、100円以下の株を超低位株という。

*レーティング
証券会社の調査機関のアナリストがある企業に対して格付けしたり目標株価などを発表するもので株価を動かす要因にもなる。

*ポートフォリオ
保有する建て玉の内容や構成のこと。

*現引き(現渡し)
信用買いしていた銘柄を売らずに代金を支払って株式(現物)を受け取って決済することを現引き、空売りしていた銘柄を買い戻しせずに株式(現物)を渡して決済することを現渡しという。

*大引け(前引け)
後場の最後の取引のことを大引け、前場の最後の取引を前引けという。

*踏み上げ
空売りしていた人が株価が上がったことで買い戻しをし、さらに株価が上がること。

*蓋(フタ)をする
株価が上に行かないように大量の指値売り注文をすること。

*不出来
注文しておいた取引が約定しないこと。

*オーバーシュート
株価が高過ぎ、又は低過ぎになるなど行き過ぎること。

*セリングクライマックス(セリクラ)
売りが売りを呼んでパニック的な急落をすること、株価下落の最終局面となることが多く、その後はだいたいはリバウンドがある。

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-54.html

2010/04/05 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

株デイトレ講座【騰落レシオ】

   ↑  2010/04/05 (月)  カテゴリー: 株講座
最近ブログなんかを見ていると騰落レシオが130%を越えてきてマーケットが過熱気味だというような記事をよく目にします。

よくわからなかったので調べてみました。

前に一度、日経平均の予想方法の記事で騰落株線というものを紹介しました。

騰落株線は新高値を更新した銘柄数と新安値銘柄数を比べて相場の強さや先行きを見るものでした。

そして騰落レシオはある一定期間で値上がりした銘柄数の合計÷値下がりした銘柄数の合計×100で求められる数値で期間は25日を参考にすることがほとんどだそうです。

単位は%で表され、100%を越えると強気な相場(買われ過ぎ)、100%未満で弱気な相場(売られ過ぎ)と見なされます。

また120%を越えてくると相当な過熱感があり通常、旬な銘柄などだけではなり得ない数値で絶好の売り場となり、逆に70%を下回ってきたら絶好の買い場で弱気な相場に連られて下がった健全な企業の株を買っていくというような方法もあるようです。

現在の騰落レシオは約140%、4年振りの過熱相場ということで今後どのようなリバウンドがあるのかが不安ではあります。

騰落レシオなんて単語を見ると難しそうですが意味は意外にシンプルですね。

今後、難しい単語を見ても面倒臭がらずに積極的に調べていこうと思います(^^)v

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-53.html

2010/04/05 | コメント (2) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。