心機一転!株からFXスキャルピングに転向の株太郎奮闘ブログ!パチンコ依存→株デイトレ→1年で退場→FXと転向を続け、FXには一番の可能性を感じて日々奮闘中! ユーロ円のみのトレード。 不定期な仕事をしている為、毎日は出来ませんが頑張ります。

このページの記事目次 ( ← 2012年06月 → )

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月28日FXスキャル結果(+5.04%) +4522円

   ↑  2012/06/28 (木)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
こんばんは、今日は休みだったので朝から晩までほぼ1日トレードしてました。

ただ珍しくこの時間でお終い、いい感じでプラスになっていたので調子が狂う前に止めておきました。

朝から13時頃までは下げトレンドだったのでトレンドに反さず戻り売りでやった。

何回かトレンドに反して入ったトレードもありましたがやっぱりトレンドに従わないといいことない。

リバが少し始まってその後ヨコヨコになったので昼寝。

16時過ぎから再開、レンジで下で買い上で売りを繰り返していたらユーロが急落していてドル円も急に連られて下落、買いで入っていたのですが売りに急遽転換して約2500円の利益。

その後も少し乱高下があったので計画的なナンピンを使いつつトレード。

21時頃からは上げトレンドだったので押してきたところを買っていって何度か取った。

最近は5分足だけでなく30分足、1時間足など長い時間の足も意識して見るようにしました。

あとはトレンドラインをとにかく引いて、移動平均線も重要視してます。

やっぱり逆張りでも大きなトレンドをつかんでトレンドに逆らわないことは大事だなってつくづく思いました。

今日は待つところは待っていい感触でトレード出来たのでこの感触を忘れないように次からも頑張りたい。

次のトレードは明日もしかしたら夜、出来なければ月曜の夜になります。

それではお疲れ様でした。


◆勝率
17勝12負(58.62%)

◆勝ち負け金額
17勝×平均698.64円=11877円

12負×平均678.91円=7355円

(損益率=1.02)

◆収益
+4522円

◆トレード前→トレード後
89605円→94127円(+5.04%)


↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

6281.png

6282.png
6283.png
スポンサーサイト

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-198.html

2012/06/28 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月27日FXスキャル結果(-0.43%)-395円

   ↑  2012/06/28 (木)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
おはようございます、昨日のトレード結果です。

キャッシュバックキャンペーンや給料からの入金で資金9万円になりました。

今回はトレードルールを変えてから初のトレード。

とにかくチャンスが来るまで待つこととトレンドに逆らわずに逆張りをすることを意識して行いました。

トレンドラインや平均線での反発狙いはあまり勝率良くなかった。
急騰急落でのリバ狙いは勝つ時は利益も大きいので今後も活用したいところ。

やっぱり短時間である程度のスピードで急騰急落した時はリバりますね、どういう時に入るか試行錯誤やっていきます。

途中は-2000円くらいまで行きましたがなんとか-395円まで縮めることが出来ました…

本日は仕事休みなので休み休みで1日トレードします。



◆勝率
6勝9負(40.00%)

◆勝ち負け金額
6勝×平均725.83円=4955円

9負×平均594.44円=5350円

(損益率=1.22)

◆収益
-395円

◆トレード前→トレード後
90000円→89695円(-0.43%)


↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

6271.png
6272.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-197.html

2012/06/28 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

今後のトレードルール(FX)

   ↑  2012/06/26 (火)  カテゴリー: マイトレードルール
今回、1日で資金の約20%を失いました。

失敗に向き合わなくては成長出来ないのでこの失敗を活かしてトレードルールも大幅に変更します。

今までのルールではとにかく一辺倒の上げ、下げに弱いこと、あとは「待つ」ということをなかなか実践出来なかったのでその辺も盛り込んで変更してみました。

そして損益率の向上に向けて勝率のUP、負け額の減少も出来るように意識してルールを変更してます。


【基本的なルール】
◆ドル円のみでトレードを行う。

◆日足チャートを見て今日の流れをある程度予想し、本日の高値、安値などを意識したトレードを行う。

◆1分足、5分足だけでなく30分足
1時間足なども見て大きなトレンドを把握しておく。

◆値ごろ感や割高感を感じないように意識し、常に上下の値動きで取るようにする。

◆重要な指標等の発表時間は把握しておく。

◆次の日休み以外の時は25時以降はトレードしない。(眠い時も)

◆クロス円、特にユーロ円など他通貨の動きにも常に注視する。

◆ポジポジ病にならないよう明確な理由がなければINしない、焦らず待つことを基本とする。

◆沢山トレードをして利益を上げようとするのではなく、少ないチャンスの時だけトレードをして勝率を上げることを意識する。

◆トレンドライン、支持線、抵抗線はどんどん引いていく。

◆利益や損失を気にせず、値動きに合わせて淡々と利確、得切りをする。
利益、損失の額は隠しながらトレードする。

◆1日平均1%の利益を出すことを目標とする。(72日で資金倍増)


【急落or急騰でINする方法】
◆短時間で急激に値が動いた時は高い確率でリバウンドするという習性を利用した手法。

◆急落or急騰でのリバウンドを期待してIN。

◆大事な指標発表時は基本的にポジションを持たず、発表後の値動きでスキャルピング。

◆ジリ高やジリ安では絶対に入らない、ストップロスを巻き込んで良い速度で値を上げたり下げたりしているパニック状態の時にだけ入る。

◆この手法では計画的なナンピンを利用する。
最初に入るときは最小限のロットでINし、約3pips不利な方向に動いた時にナンピンする。
ナンピンは一度に限る。


【ブレイクした所を狙ってIN】
◆W底のネックラインやレンジをブレイク(特に三角保ち合い)した瞬間に順張りでIN。

◆ブレイクしてもすぐ反転することが多いので値動きが鈍い、及び急激な上げ下げがあれば素早く利確してリバウンドを狙って再度逆張りのINも狙う。


【レンジ相場でのIN】
◆トレンドライン、支持線、抵抗線などを活用して反発しそうなところをIN。

◆OCO注文も活用して待ち伏せ。
支持線の+0.5銭に買い、抵抗線の-0.5銭に売り注文を入れておく。


【得切りのタイミング】
◆基本的にはトレール注文の利用で得切り、値幅は3pips。

◆リバウンドした後に反転し、直近の安値ro高値を割ると大抵、再度急落or急騰するので勢いある値動きがあった時は再度INする。

◆含み損の額を気にせず、ルールで撤退するポイントになったら迷わず淡々と即得切りする。

◆急落or急騰での計画的なナンピンの時は最小限のロットの分は6pips、ナンピンのロット分は3pipsにトレールの値幅を設定する。


◆利確のタイミング
基本的にはトレール注文に頼ったやり方であまり利を伸ばそうと欲張らない。

トレール注文に引っかからなくても値動きが鈍くなったら即利確する。


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-195.html

2012/06/26 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月22日FXスキャル結果(-20.59%)-15553円

   ↑  2012/06/22 (金)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
Twitter見ている人は分かると思いますがとてつもないボロ負けです。

資金の1/5を失いました。
得切りをしていてもこんな損失になるとはFX恐るべしです。

トレードは夕方から翌日朝まで。

ちょうどトレードを開始した16時くらいから日付変わるくらいまでほぼ上げ一辺倒。

こりゃ急騰での逆張りじゃ無理ですね。

一度買いに転換したのは約2000円の利益出ましたがあとは全部売りでIN。

夜中もストップを入れていたが、うとうとしながらの最悪トレード。

多少の下落では利確しても大した足しにならないので欲張って利確しないとリバウンドして得切りという最悪なシナリオ。

SBI FX TRADEでトレードするはずが入金の銀行の種類が少なく手数料がかかるためにいつも通りヒロセでのトレード。

でも気分一新するために手数料かけて資金移動して試してみます。

ヒロセは指値、逆指値が現在値から3銭離れないと設定出来ないのもトレードを悪くしている原因だと思いますので。

22日も一応トレードしますがとりあえず週末は大幅なトレードルール変更が必要です。

あと給料日前で多少お金が足りず、1万程出金して資金5万円でリスタートします。

給料日後、また入金予定ですが。

とりあえず週末落ち着いたらもっと反省して次に活かします。

お疲れ様でした。


◆勝率
2勝24負(7.69%)

◆勝ち負け金額
2勝×平均1210円=2420円

24負×平均547.20円=17973円

(損益率=2.21)

◆収益
-15553円

◆トレード前→トレード後
75509円→59956円(-20.59%)


↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

6211.png
6212.png
6213.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-194.html

2012/06/22 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX講座【値動きの激しい時間帯】

   ↑  2012/06/20 (水)  カテゴリー: FX講座
今回はFX、為替相場での値動き(ボラ)の激しい時間帯について勉強したいと思います。

日本だけでなく海外のことも絡んでくるため、分かりにくい部分も多いのですがそこら辺も含めて簡単に紹介していこうと思います。

まず、為替取引市場の世界3大市場である東京ロンドンニューヨークの3つの市場が開いている時間は必然的に取引量が多くなります。

取引時間については夏時間(サマータイム)、冬時間というものがあり、複雑なのでまずはそちらを説明します。

夏時間とは明るいうちに仕事をし、夜の余暇時間を増やす目的や照明の節約、交通事故や犯罪発生率の低下などの効果を期待して始められたものでアメリカでは3月第2日曜日に時計を1時間進め、11月第1日曜日に時計を1時間戻します。

ロンドンでは3月最終日曜日に時計を進め、10月最終日曜日に時計を戻します。

冬時間はそれらの夏時間以外の期間のことを言います。

アメリカ、ロンドンそれぞれ夏時間、冬時間の期間が違うので注意が必要です。

日本ではもちろんありません。(昔あったみたいですが…)

それでは夏時間、冬時間でのそれぞれの市場のオープンしている時間を見ていきます。

(夏時間適用時)※日本時間
◆東京市場=8時~18時
◆ロンドン市場=15時~翌2時
◆NY市場=21時~翌6時


(冬時間適用時)※日本時間
◆東京市場=8時~18時
◆ロンドン市場=16時~翌3時
◆NY市場=22時~翌7時


となっています。

どの市場も開いてから2、3時間程度は値動きは大きくなり、特にロンドン市場とNY市場どちらもオープンしている時間帯は取引量も多く値動きが激しくなる傾向があるようです。

また、後に説明しますが東京の仲値公示時刻の9時55分頃、ロンドン勢が本格参入してくる16時00分頃(冬時間17時00分頃)、NYのオプションカットの23時00分頃(冬時間24時00分頃)、ロンドンフィキシングの24時00分頃(冬時間25時00分頃)に値動きが大きくなったりトレンドが変わるということも多いようです。

では1つ1つ説明していきます。

【仲値】
銀行が9時55分頃のレートを元に顧客に対して受け渡しするレートのことで原則1日中そのレートで受け渡しするため、非常に重要なもの。
この際、ドルを買いたい顧客が多い場合はこの時間までに銀行がドルを買う行動に出るため、ドル高円安になりやすいとされている。

【NYオプションカット】
ニューヨークは通貨オプション取引が活発でそのオプション取引の終了時刻が23時00分(冬時間24時00分)となっている。
オプション取引とはその時刻までにレートが○○ドル以上か○○ドル以下かを予想する取引、そのレートまで行かなくては負けてしまう投資家ももちろんいるので、その投資家が大口で多数いればそのレートまで持っていきたいと売買して攻防するため、売買が活発になり、結果値動きが激しくなる傾向がある。

【ロンドンフィキシング】(ロンドンFIX)
ロンドンでは金の取引が非常に活発で24時00分(冬時間25時00分)に金の価格が決まり、この価格は世界の金の価値を決めることになる。
金はドル建てで取引されるため、ドルの需給に影響を与え、相場にも影響を与える。

以上、3点の説明でした。

この他にもニューヨークオプションカットと全く同じ意味を持つ東京オプションカットが15時にありますがニューヨークほど影響はないようです。

あとは指標や重要人物の発言、事件や自然災害など様々な要因により値動きが大きくなることがあります。

指標についてはこちらでも紹介していますのでご覧下さい。

特に短期トレードをする上では値動きのいい時間帯を知ることが非常に重要になりますのでこれを頭に入れてトレードするといいかもしれません。

↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-192.html

2012/06/20 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月19日FXスキャル結果(+1.69%)+1260円

   ↑  2012/06/20 (水)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
こんばんは、今日は夕方の欧州タイム付近とNYタイムのトレードで25時過ぎまでトレードしました。

キャッシュバック目的でアイネット証券での取引、取引条件は満たしたので約10000円のキャッシュバック予定です。

値動き乏しくレンジだったので今日はOCO注文で売りと買いを上下に置いて待ち伏せするというやり方でトレードし、その手法は概ね勝率良かった。

16時頃の急落も買いで入っていたのを即得切りし売りに転換出来たのも良し。

一旦休憩して夜のトレード、値動きやはり乏しくOCO注文中心で取ったり取られたり。

Twitterでも嘆いてますが、25時前にトレード終了してブログ更新しようとしたら急落を発見、INしてしまい連敗…

その後、急落を拾って少しだけ挽回出来ましたが夕方の時点で2500円あった利益が半分に減ってしまいました。
マイ転しなかっただけ良しとしよう。

今回はレンジ相場でのOCO注文の有効性を知れたので今後も使っていきたい。

次回は明後日21日トレード予定、待ちに待ったSBI FX tradeでの予定です。

それではお疲れ様でした。


◆勝率
10勝11負(47.61%)

◆勝ち負け金額
10勝×平均742円=7420円

11負×平均560円=6160円

(損益率=1.32)

◆収益
+1260円

◆トレード前→トレード後
74249円→75509円(+1.69%)


↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

5191.png
5192.png
5193.png
5194.png

FC2スレッドテーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★ (ジャンル : 株式・投資・マネー

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-193.html

2012/06/20 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

10日間FXスキャル結果(-348円)

   ↑  2012/06/17 (日)  カテゴリー: 10日間FXスキャル結果
今回が初の10日分の結果発表です。

なお、集計を開始した5月28日から6月15日分になります。


◆5月28日
+671円(8勝1敗)

◆5月29日
+207円(5勝4敗)

◆5月30日
+1332円(5勝3敗)

◆5月31日
+2180円(10勝10敗)

◆6月1日
+233円(5勝8敗)

◆6月4日
-3001円(10勝17敗)

◆6月6日
-1219円(8勝14敗)

◆6月12日
+1252円(10勝6敗)

◆6月14日
+3607円(15勝10敗)

◆6月15日
-5610円(7勝12敗)


【10日間合計】
収益:-348円
(勝額47412円 負額47760円)
勝敗:83勝85敗(168トレード)
勝率:49.40%
損益率:1.01
破産確率:50%

no1.jpg
破産確率表についてはこちら
《総括》

あんだけ10日間頑張ったのにちょいマイナスになりました。

でもFX初めてまだ1ヶ月、これだけのマイナスで済んだのは株の時に比べてかなり上出来だと思います、次はプラスになるよう頑張ります。

とにかく最後の6月15日は使い慣れないツールを使ったのもありますが、ギリシャ選挙前ということでほぼリバウンド無しに下落していったので逆張りの自分にとっては痛かったです。

ドル円とユーロドルが連動している時の逆行を見ての売買は感触が良かったので続けていきたいと思います。

しかし、勝率も損益率も面白いくらいに半々。

勝ち負けの回数も勝ち負けの合計金額もほぼ同じです。

破産確率は50%、1%未満が理想だなんて厳しいなぁ。
とりあえず勝率を上げるか利大損小を目指さなくては。

今回は精神的に荒れたり、途中でトレードルールを変えたりしたのでもう一度10日間このトレードルールが通用するか検証したいと思います。

↓応援クリックお願いします( *`ω´)
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-191.html

2012/06/17 | コメント (4) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月15日FXスキャル結果(-7.02%) -5610円

   ↑  2012/06/16 (土)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
おはようございます。
昨日の1日中と今日の朝のクローズまでトレードしてました。

1時過ぎはトレードしないルールですが今回は選挙前で値動きも激しいかと期待してトレードしてしまいましたがやっぱりそんな動かなかったです。

次からはちゃんとルール守ります。

トレード結果は惨敗…。

まずキャッシュバックキャンペーン目的でトレードしたライブスター証券FXのツールが使い辛く、トレードに悪影響。

更にギリシャ選挙前ということで1日中えげつない下げで大したリバウンド無しという逆張り派の自分にとっては1番苦手な相場。

下落を順張りで入って3680円の利益はありましたが途中、逆張りで入った2520円の得切りが痛い。

いつも使ってるツールなら逆指もすぐ入れられ、2520円の得切りはあり得ない額です…。

ユーロドルとの連動はほぼなしで参考にせず、主に急落急騰での逆張り、こういう時は素直に戻り売りをしていれば稼げる相場でしたね。

資産の約7%負けということでショックですが気持ち入れかえて来週も頑張ります。

しかし、次もキャッシュバックキャンペーン目的でアイネットという使い慣れない業者でやるので不安です。

その後は口座開設が完了した念願のSBI FX TRADEでトレードやる予定です。

今度は19日火曜のトレードする予定です。

あと、10日分のトレード総括は後ほど更新します。

それでは今週もお疲れ様でした。


◆勝率
7勝12負(36.84%)

◆勝ち負け金額
7勝×平均910円=6370円

12負×平均998.33円=11980円

(損益率=0.91)

◆収益
-5610円

◆トレード前→トレード後
79859円→74249円(-7.02%)


↓応援クリックお願いします
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

6151.png

※今回ライブスター証券の為、約定時間入ってませんのでご了承下さい。
6152.png
6153.png
6155.png

FC2スレッドテーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★ (ジャンル : 株式・投資・マネー

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-190.html

2012/06/16 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月14日FXスキャル結果(+4.73%)+3607円

   ↑  2012/06/15 (金)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
今日は15時半から24時頃までトレード、途中数時間は用事があったので空白あり。

結果論ですが今見てみるとドル円はずーっと平均線に頭を押さえられながら下落を続けている感じですね。

こんなに長時間平均線と平行して値が動くのも珍しい気がします。

さてトレードですが、まずいつも通りドル円とユーロドルの逆行を見ての売買、微利が多いながら最初の方は取れました。

17時前の急落の逆張りで少しやられましたが乱高下でほぼ取り返せました。

20時頃の急落でもやられ、リバで取っても今度は損は取り返せず。

21時半の急落は少し重要な指標でしたがストップ入れてS持ち越し、大きな急落があり約2500円の利益、すぐにLに転換し、これも約1600円の利益。

その後も急落急騰でのリバ狙いでうまく取れ、総合的にはいい感じで終われました。

途中からドル円とユーロドルが連動しなくなったので連動する時のみ、逆行での売買をやりたいと思います。

明日は休みなので昼から夕方、夜にトレードする予定ですがキャッシュバックキャンペーンの為に使用したことのない業者のツールで10万通貨以上取引しなきゃなので多少不安ですが約1万円のキャッシュバックなので頑張ります。

あと明日はいよいよ損益率と勝率10日分のデータから破産確率を計りたいと思います。

それではお疲れ様でした。


《勝率》
15勝10負(60.00%)

《勝ち負け金額》
15勝×平均729.66円=10945円

10負×平均733.8円=7338円

(損益率=0.99)

《収益》
+3607円

《トレード前→トレード後》
76252円→79859円(+4.73%)


↓応援クリックお願いします
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ


6141.png
6142.png
6143.png

FC2スレッドテーマ : ★FXのスキャルピング&デイトレ★ (ジャンル : 株式・投資・マネー

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-189.html

2012/06/15 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月12日FXスキャル結果(+1.66%)+1252円

   ↑  2012/06/13 (水)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
入金して資金75000円になりました。

今日は20時から日付変わるくらいまでトレード。

先日トレードルール変えたのでそれを意識しつつ、落ち着いてトレードするよう心掛けましたが今日もけっこう荒れちゃいました。

最初は値動きも少なく難しい展開、20時半の高値を追うところではルール通り、最小限のロットでS、更に上がったら計画的なナンピンをしようとしましたがすぐ下落して微利。

微利だけど勝率UPのためには仕方ないです。

その後はTwitter見ると分かるのですがドル円とユーロドルの逆行を見たらINというやり方でトレードし、今日はなんだかユーロドルが強い時だけドル円がくっ付いていって弱い時はほとんど付いていかないという難しい感じで全然読めませんでした。

ユーロドルが下落、ドル円が高止まりしていたのでSで入ってもなぜかドル円急騰→得切りみたいな展開ばかり。

途中でやり方を変えるのも逆に痛い目に遭いそうだったので同じやり方で攻め、23時頃、ユーロドルが急落、ドル円は高止まりしていたのでこれもS、程なくしてドル円も急落、やっと素直にユーロドルに付いてってくれてほぼ安値で利確出来た、13pips取って約3000円get。

後は急落後の上下を狙って往復何とか取って終了。

最初は自分のやり方が通用せず、どうなるかと思いましたが何とかプラスで終了、資金が今日から増えたので大きなマイナスで始まらなくてよかったです。

途中-299円の1秒で決済したトレードがありますが買った瞬間に証拠金100%割れで自動ロスカットになってしまいました、もったいない…。

きちんと売買する前にどのくらいのロット入れるのか毎回確認したいと思います。

次回は明後日昼間少しやると思います。
それではお疲れ様でした。


《勝率》
10勝6負(62.5%)

《勝ち負け金額》
10勝×平均541.6円=5416円

6負×平均694円=4164円

(損益率=0.78)

《収益》
+1252円

《トレード前→トレード後》
75000円→76252円(+1.66%)


↓応援クリックお願いします
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ


6121.png
6122.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-188.html

2012/06/13 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【複利の効果】

   ↑  2012/06/10 (日)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今回は投資をする上では非常に重要な複利の効果について勉強したいと思います。

複利とは一般的に利子や利息の計算に使われますがFXや株式投資では主に利益率の計算に使われます。

FX、株式投資での複利の効果について実際のトレードに例えて説明します。


①10万円の資金で短期売買(デイトレード)を始める。

②1日10%(日利10%)の利益を目標とする。

③1日目、10万円の資金を運用して1日10%の利益を達成し、1万円の利益を出した。

③資金は10万円→11万円に増えた。

④2日目、11万円の資金を運用して1日10%の利益を達成し、1万1000円の利益を出した。

⑤資金は11万円から12万1000円に増えた。

⑥3日目、12万1000円の資金を運用して1日10%の利益を達成し、1万2100円の利益を出した。

⑦資金は12万1000円から13万3100円に増えた。





以下続く


ここで注目すべき部分は青字の部分の利益の金額です。

毎日同じ利益率10%を稼いだとしても利益自体が増えていき、資金も雪だるま式に増えていきます。

これが複利の効果と言われるものです。

同じ利益率10%でも毎日同じ10万円で運用した場合は3日間勝ったとしても利益は3万円にしかなりません。(これがいわゆる単利)

実にたった3日間で単利と複利では3100円もの差が出てきます。

この差も日を追う毎に増えていきますので同じ資金で毎回トレードするよりも利益分も含めてトレードをした方がより効率的に稼げるということになります。

それでは実際、この複利の効果で資金を2倍3倍と増やすのにはどれくらいの期間かかるのかを見ていきます。

電卓で計算するのもけっこう面倒くさいのですが実は資金がどれくらいの期間で2倍になるか、3倍になるか、をおおよそですが簡単に求める式があります。

まずどれくらいの期間で何%の利益を出すかの目標利益率を決めます。

デイトレードなら1日で5%、スイングトレードなら5日で10%など。

この目標利益率を式に当てはめます。


※2倍になるまでの期間
(72÷目標利益率)

※3倍になるまでの期間
(114÷目標利益率)

この出てきた答えが資金が2倍、3倍になるまでの期間です。

デイトレードは1日単位なのでそのまま答えが使えますがスイングトレード5日なら答えに5を掛けると2倍、3倍になるまでの日数になります。

デイトレードを例に資金が2倍、3倍になるまでの期間をまとめてみました。


●毎日1%の利益
2倍=72日
3倍=114日

●毎日2%の利益
2倍=36日
3倍=57日

●毎日3%の利益
2倍=24日
3倍=38日

●毎日4%の利益
2倍=18日
3倍=28日

●毎日5%の利益
2倍=14日
3倍=22日


これを見ると利益率がいかに重要かということか分かります。

もちろん利益率を上げるためには勝率や損益率を上げることも必要です。(バルサラの破産確率表参照)

この利益率を日々記録していくことは自分のトレードの相場への有効性だったり、日々スキルが向上しているかの判断材料になります。

私のブログでは日々利益率を掲載しており、1ヶ月毎にまとめた利益率も掲載していく予定です。

利益率の計算方法も簡単ですが一応載せておきます。

(利益率=本日の利益金額÷本日スタート時の資金)

複利の効果を知ると、何だ簡単に億万長者になれるじゃないか?と思われがちですが資金量が増えるとトレードが今まで通りに行かなくなったり、精神的な変化も起こるのである程度まで資金が増えると上がり方が鈍くなる人がほとんどのようです。

まずは目先に小さな目標を立てて利益率や勝率、損益率などを意識しつつ、日々トレードしていくと良さそうです。

↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-182.html

2012/06/10 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX講座【FXネット用語集】

   ↑  2012/06/09 (土)  カテゴリー: FX講座
今回は一般的な公式な用語ではなく、ネット俗語として出回ってるFX関連用語を紹介します。

私もネット掲示板やTwitterなどを情報収集や暇つぶしで見たりしますがいろいろと分かにくい用語もありますね。

FX基本用語集にある用語も使用して説明しているのでわからない場合はそちらもご覧
下さい。

※ホルダー
ポジションを持っているトレーダーのこと。

※ポジ
ポジションの略。
ポジションを持つことをポジるといい、ポジションを持たないことをノーポジという。

※良ポジ
含み益があるポジションのこと。

※糞ポジ
含み損があるポジションのこと。

※アホルダー
含み損があるポジションを持っているトレーダーのこと。

※L
ロングの略で買いで取引すること。

※S
ショートの略で売りで取引すること。

※ロンガー
ロングをするトレーダーのこと。

※ショーター
ショートをするトレーダーのこと。

※C
クローズの略でポジションを決済して取引を終了すること。

※LC
ロスカットの略。

※Y
ポジションを持たないで様子見すること。

※GU
ギャップアップの略で窓を開けて上昇すること。

※GD
ギャップダウンの略で窓を開けて下落すること。

※HF
ヘッジファンドのこと。

※ナイアガラ・ガラ
急落のこと。
急落することをガラるなどという。

※バイーン・昇龍拳・吹く
言い方は色々あるが急騰のこと。

※スワポ
スワップポイントのこと。

※リバ
リバウンドのこと。
リバウンドすることをリバるなどという。

※全モ
全戻しの略で上がったり下がったりした値幅分全て戻すこと。

※ヨコヨコ
レンジ相場のこと。

※ランコルゲ
乱高下のこと。

※日銀砲・すけにゅう
日銀による為替介入のこと。

※離隔
利確のことで「りかく」を入力して変換すると離隔と出てくることから使われている。

※ヤンキー
アメリカ人のトレーダーのこと。
アメリカの市場が開いている時間帯をヤンキータイムという。

↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-183.html

2012/06/09 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

今後のトレードルール(FX)

   ↑  2012/06/07 (木)  カテゴリー: マイトレードルール
ここ最近、同じようなミスで負けが続いたのでこれを省みて取引時間、INや利確のタイミングなど根本的に改良しました。

今後このルールを徹底的に厳守して頑張ります!!


【基本的なルール】
◆ドル円のみでトレードを行う。

◆日足チャートを見て今日の流れをある程度予想し、本日の高値、安値などを意識したトレードを行う。

◆安いなどの値ごろ感等を感じないようにし、上下の値動きで取るように意識する。

◆重要な指標等の発表時間は把握しておく。

◆朝8時から深夜1時以外はどんなことがあってもトレードしない。

◆ユーロドルなど他通貨の動きにも常に注視する。

◆ポジポジ病にならないよう明確な理由がなければINしない、焦らず待つことを基本とする。

◆トレンドライン、支持線、抵抗線はどんどん引いていく。

◆利益や損失を気にせず、値動きに合わせて淡々と利確、得切りをする。

◆1日平均1%の利益を出すことを目標とする。(72日で資金倍増)


【急落or急騰でINする方法】
◆短時間で急激に値が動いた時は高い確率でリバウンドするという習性を利用した手法。

◆急落or急騰でリバウンドを期待してIN。

◆INしたらすぐに逆指値で得切りの注文を行う。

得切りの値幅は3pips。

◆大事な指標発表時は基本的にポジションを持たず、発表後の値動きでスキャルピング。

◆指標発表後や新高値、新安値更新時は値動きが大きいので最初は最小限のロットでIN、計画的なナンピンを使用して買い下がるor買い上がる。

ナンピンは1回のみ、ナンピンする場合の得切りは最小限のロット分は6pips、ナンピンのロット分は3pipsとする。

◆ナンピン分も得切りになってしまったら3pips離れたところに再度最小限のロットの指値、6pips離れたところにナンピン用の指値を置いて待ち伏せする。


【ブレイクしそうな所を狙ってIN】
◆W底やレンジのブレイク、直近安値or直近高値の更新をしそうな時に順張りでIN。

◆ブレイクしてもすぐ反転することが多いので値動きが鈍ければ、素早く利確してリバウンドを狙って再度逆張りのINも狙う。


【レンジ相場でのIN】
◆トレンドライン、支持線、抵抗線などを活用して反発しそうなところをIN。

◆得切りは3pips。


【ユーロドルを活用してIN】
◆基本的にドル円とユーロドルとが乖離した場合は後に戻す習性があるのでそれを利用した手法。

◆日や時間帯によって連動しない時があるのでそういう時はこの手法は使わない。

◆ドル円がユーロドルに逆行していたら、仕掛ける。

◆得切りは3pips。



【得切りのタイミング】
◆基本的には逆指値の利用で得切り、逆指値注文をしないことと逆指値を広げる事は絶対しない。

◆リバウンドした後に反転し、直近の安値ro高値を割ると大抵、再度急落or急騰するので下げ幅によっては再度INする。

◆含み損の額を気にせず、ルールで撤退するポイントになったら迷わず淡々と即得切りする。

◆ある程度、含み益が増えたら同値撤退の逆指値に変更しておく。


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-186.html

2012/06/07 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月6日FXスキャル結果(-2.88%)-1219円

   ↑  2012/06/07 (木)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
おはようございます。
まずトレード前の資金、キャッシュバックキャンペーン関係で入出金行い41937円→42288円に若干変わってます。

昨夜から今日の朝にかけて取引しました。

またまた反省点いっぱいでブログ書くのも正直しんどいです…

いつも途中まではいいんですがどうしても大きなマイナスが続くと焦って取引が雑になってしまう。

見て下さい、この損益表の後半のきれいなを…

これはFXには向いていないと言われても仕方がない。

今回は利確を粘りすぎて結局得切りになるって取引が多かった。

粘るが故に往復ビンタをくらうハメに…

また深夜1時を過ぎると値動きもないし眠くて集中できないのでどんな結果であろうと今後は1時できっぱりやめたいと思うます。

あとは日足チャートを今まであまり意識していなかったので毎日日足を意識しながらトレードすること。

利がある程度のったら最低限同値撤退の逆指値は入れておくこと。

得切りは出来るようにはなったけどそれ以外のルールもいろいろ自分ではだめとわかっているけど守れていない。

実は今日から旅行に行くので次回のトレードは火曜日の夜になる予定です。

いい加減トレードルールも見直して根本的な対策を行います!

それではお疲れ様でした。


《勝率》
8勝14負(36.36%)

《勝ち負け金額》
8勝×平均547円=4376円

14負×平均399.64円=5595円

(損益率=1.36)

《収益》
-1219円

《トレード前→トレード後》
42288円→41069円(-2.88%)


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

661.png
662.png
663.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-185.html

2012/06/07 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX講座【バルサラの破産確率表】

   ↑  2012/06/06 (水)  カテゴリー: FX講座
今回はバルサラの破産確率表というものを紹介します。

これは自分がこのままその手法でトレードを続けたら将来、どれくらいの確率で破産をするかが分かる表になります。

相場は様々な要因で動きますからこの確率が絶対当てはまるという訳ではありませんが今のトレードがどれくらいのレベルに達しているかの参考にはなるかと思います。

以下がバルサラの破産確率表です。


縦軸が損益率、横軸が勝率になっています。

勝率は簡単にイメージ出来ると思いますが、損益率はピンと来ない人も多いと思います。

簡単に言うと勝ちの額と負けの額の比率で利大損小が出来ているかということです。

損切り額が100円で利確が200円なら損益率2ということになります。

一応、それぞれ求め方があるので書いておきます。

◆損益率の求め方
損益率=平均利益÷平均損失

(平均利益=合計利益÷勝ちトレード回数)
(平均損失=合計損失÷負けトレード回数)

◆勝率の求め方
勝率=勝ちトレード回数÷総トレード回数×100

となります。

この計算結果を表に当てはめてみると自分の将来の破産確率が分かります。

計算結果が表中にうまく当てはまらない場合は大体で大丈夫だと思います。

また計算する式で利用するトレードの結果についても過去全てのデータでなく過去1ヶ月、過去1週間のデータなどでももちろん大丈夫です。

トレードを続けて利益を出し続けるのに望ましい破産確率は1%以下ということなので青い部分と水色の部分のごく一部となります。

非常にこの1%以下の破産確率に留めるようにトレードすることは難しいことですが、出来るだけ破産確率を低くするために勝率を上げればいいのか、損切りを早くすればいいのか、利確を粘ればいいのかなど様々な対策を考える手段にはなりますので定期的に自分のトレード結果が破産確率表のどこに位置するかを確認しておくといいと思います。

私もトレード日数10日間毎に破産確率を確認するように今後していこうと思っています。

毎回トレード結果を見て計算をしなくてはならないので多少手間はかかりますが、相場は9割の人が負ける世界、それくらいの手間を惜しまず頑張らなきゃ生き残れないと私は思っています。

退場にならないためにも頑張りましょう!!


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-179.html

2012/06/06 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX講座【FXに関わる経済指標】

   ↑  2012/06/06 (水)  カテゴリー: FX講座
今回は毎日のように発表される経済指標について勉強します。

FXでは値が動く大きなきっかけになり、知らなければチャンスを逃したり大きな損をしかねないので経済指標を知ることはトレードをする上で非常に重要です。

まず、様々な経済指標があるわけですが経済はドル、すなわちアメリカをベースに動いているのでアメリカの経済指標に対して為替は敏感に反応します。

それとその指標自体の重要度(=為替に対する影響度)、指標の予想値と結果値の数値のギャップの大きさが重要になります。

指標の重要度が高く、予想値と結果値のギャップの大きさが大きいほど為替に大きな影響を与えます。

基本的に

予想値より結果値が良いと円安(ドル高)
予想値より結果値が悪いと円高(ドル安)

になります。

それでは重要度の高い順に様々な指標を紹介していきます。


・雇用統計
重要度★★★★★
(毎月第1金曜日発表)

雇用統計の中でも特に非農業部門雇用者数と失業率が最重要。
発表後に1円値が動くことも珍しくない、最も注意すべき指標。


・ADP雇用統計
重要度★★★★☆
(雇用統計の2日前発表)

雇用統計の先行指標とも言われる。
民間大手給与計算を行うADP社による4000万人の給与データを元に算出した指標。


・GDP
重要度★★★★☆
(毎月下旬発表)

景気動向の総合的判断に使用される指標で影響力が大きい。
4月から1ヶ月毎に速報値→改定値→確定値と発表され、特に4月、7月、10月、1月の速報値が重要視される。


・消費者物価指数(CPI)
重要度★★★★☆
(毎月中旬)

小売価格やサービスの価格を調査し、物価の水準を測定したもの。
特に食料品とエネルギー関連を除いた「コア指数」が特に重要。
為替を動かす金利と深い関係があるため、常に注目度が高い指標。


・中古住宅販売件数
重要度★★★★☆
(毎月下旬発表)

景気と関連深く、先行性の高い指数。
中古住宅で所有権の移動が完了したもの。
金融政策の変更時には特に重要視される。

また、毎月10日には中古住宅販売保留という指数も発表される。
これは契約は成立しているが所有権の移動が完了していないものになるが中古住宅販売件数と同程度の影響度がある。


・ISM製造業景況指数
重要度★★★★☆
(毎月第1営業日発表)

各企業の購買担当役員へのアンケート結果。
「生産・新規受注・在庫・入荷遅延・雇用」などを前月と比較して良い、同じ、悪いの3段階で評価したもの。


・耐久財受注
重要度★★★★☆
(毎月下旬発表)

機械設備投資の先行指標。
変動幅が大きいことでも有名で注意が必要。
「新規受注・出荷・在庫・受注残高」から構成される。


・小売売上高
重要度★★★★☆
(毎月中旬発表)

景気回復時の先行指標。
個人消費の動向が分かり、注目度が高い。
耐久財と非耐久財に分けて発表され、自動車部門を除いた部分が重要視される。


・生産者物価指数(PPI)
重要度★★★☆☆
(毎月中旬発表)

消費者物価指数と深い関わりがあり、インフレ動向を見る為に重要視される。
国内販売業者の販売価格を調査したもので消費者物価指数と同じく、特に「コア指数」が重要。


・住宅着工件数
重要度★★★☆☆
(毎月中旬発表)

新築住宅で実際に建築が開始された件数。
家具や家電製品などの個人消費に与える影響があり、景気動向と深い関わりがある。
金融政策にも大きな影響を与える。
月毎に変動幅が大きいので注意が必要。

また、住宅着工件数と同時に発表される建築許可件数も同じく重要。
毎月下旬には新築住宅販売件数が発表され、これらの先行指標として上記の2つの指標と同程度、重要視される。


・鉱工業生産
重要度★★★☆☆
(毎月中旬発表)

景気全般の動向を見る為に重要視される指数。
製造業の生産性が分かり、GDPとも関連が深い。


・貿易収支
重要度★★★☆☆
(10日頃発表)

政府と民間の輸出額から輸入額を引いたもの。
長年続くアメリカの貿易赤字は問題になって
いて注目度は高い。


・景気先行指数
重要度★★★☆☆
(毎月20日頃発表)

景気後退の予測指数。
10個の指標を合成してデータ化したもの。
一般的に3ヶ月連続の低下は景気の後退と判断される。


↓応援クリックお願いします。
にほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-172.html

2012/06/06 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX講座【FX基本用語集】

   ↑  2012/06/06 (水)  カテゴリー: FX講座
株と共通の用語も多々ありますがそれを含め紹介していきます。

最低限これを知っていればFXを始められるという程度の用語を集めてみました。


※FX(外国為替証拠金取引)
外国為替証拠金取引=F
oreign Exchangeで2通貨間での値段の変動を利用した外貨運用の1つ。

※トレード
通貨を売り買いして取引をすること。
トレードする人のことをトレーダーという。
トレードの種類も多数あり、デイトレードは長くても1日のうちに決済するトレード方法、スイングトレードは約1週間、スキャルピングはデイトレードよりも短く数秒から数分で決済するトレード方法をいう。
またシステムトレードというのはコンピュータの指示で自動的に売買させるトレード方法のこと。

※レート
FXで2通貨間で交換出来る値段のこと、株でいう株価にあたる。

※約定
取引が成立すること。
「やくてい」ではなく「やくじょう」と読む。

※成行注文
注文方法の1つで、より早くその時の値で取引を成立させたい時に利用する方法。

※指値注文
注文方法の1つで、値を指定して取引を成立させたい時に利用する方法。
優先順位は成行注文より下。

※ポジション
売り買いした取引の通貨の残高のこと、通貨を持っていることをポジションを持つ、通貨を手放すことをポジションをたたむという。
また、ポジションをたたむことをクローズ(C )するといったり手仕舞うなどと表現することもある。

※ロング
通貨を買いで取引を開始すること。

※ショート
通貨を売りで取引を開始すること。

※レバレッジ
少ない資金で多くの通貨を取引出来るもので業者や資金によって倍率が違う。
日本語に訳すと「てこ」。

※pips(ピプス)
通貨のレートの単位で1pips=1銭となる。

※LOT(ロット)
通貨の取引の単位で一般的には1LOT=1万通貨、FX業者によって1LOT=1000通貨、10万通貨もある。
また1枚という言い方の場合は1万通貨のこと。

※スプレッド
レートの買値と売値の差でトレーダーにとっては事実上の手数料となる。
買80.005 売80.000の場合、スプレッドは0.5銭で売り買いした時点で0.5銭分の損益がある状態になる。

※スワップポイント
2通貨間での金利の差のこと。
1日経過するごとに買った通貨の金利を1日分受け取り、売った通貨の金利を1日分支払うことになる。

※ローソク足
値動きを視覚的にとらえることができるものでこれらが並んだものをチャートという。
チャートを利用して以後の値動きを予想することをテクニカル分析という。
当ブログでもデイトレ講座の方でローソク足やテクニカル分析について詳しく書いてますのでそちらもご覧下さい。

※ストップロス(ロスカット・損切り)
株では損切りということが多いですがFXではストップロス、ストップなどということが多いです。
FXでは一方的な大きな値動きが多いので株以上に損切りが必要です。
ストップは注文方法では決済での逆指値注文を指す。

※スリッページ
注文を入れた値と実際に成立した値の差のことで大きな値動きの時にはかなり差が開くことがある。

※マージンコール
資金のうち、損出分の割合が多くなった際にトレーダーに資金を入金して下さいなどと警告するもので自動ストップロスが近づいているということ。
割合はFX業者によって違う。

※追証
「ついしょう」ではなく「おいしょう」と読む。
損益が元本を上回り、FX業者から追加入金を請求されることでトレーダーにとって1番こわいものと言っても過言ではない。

※ボラ(ボラティリティ)
値動きのことで値動きが大きいことをボラが大きいなどと表現する。

※リバウンド
値が落ちた状態から反転して上昇しだすこと。

※含み益
持っているポジションの利益のこと。

※含み損
持っているポジションの損益のこと。

※リミット(利益確定・利確 )
利確を確定させること。
ロスカット同様タイミングが難しい。
リミットは注文方法では決済での指値のことを指す。

※経済指標
FXには大きく関わることで指標の結果により値が大きく動く。
一般的には指標の予想より結果が高いor低いにより動く方向が決まる。
一番重要とされているのがアメリカの雇用統計で一瞬で1円ほど値が動くこともある。

※サプライズ
指標などの結果が予想とかなり違うこと。
この場合は大きく値が動くことが多い。

※両建
買いと売りのポジションを同時に持つことで激しい値動きでも損失を出さないことが出来る。
しかし片方のポジションをたたむタイミングが難しいのとスワップが受け取れない、必要資金の倍増、スプレッドの倍増などデメリットも多い。

※ナンピン
思った通りに値が動かなかった場合に買い増しor売り増しをして後々の損失を少なくしようとする取引方法。
しかしその後も思った通りに値が動かなければ更に損失は大きくなる。

※トレンド
値の動きの方向性のことで値が上げていく状態を上げトレンド、下げていく状態を下げトレンドなどという。

※ドテン
トレンドが逆に変わること。
上げトレンドが下げトレンドになったりすることなどをいう。

※レンジ(ボックス・もみ合い)
同じ価格帯で上げたり下げたりを繰り返している状態のこと。
レンジの状態にあった値がその範囲から抜けることをレンジブレイク、レンジアウトなどという。

※押し目(戻し目)
上げトレンドの中で一時的に値を下げる場面。
底の方で買ったトレーダーの利確などで下げる。
ここで買うことを押し目買いなどというが押し目というのは結果押し目だっただけであり、実際にそこが押し目なのかは判断が難しい。
逆に下げトレンドの中で一時的に値を上げる場面を戻し目、戻り目などといい、ここで売ることを戻し売り、戻り売りという。

※窓をあける
値が一瞬で大きく動きローソク足とローソク足の間が開くこと。
大きく上がることをギャップアップ、大きく下がることをギャップダウンともいう。
また、週明けの最初の値と先週末の最後の値とが大きく離れた時にもこの言葉を使う。

※クロス円
ドルと円以外の円の通貨の組み合わせのこと。
ポンド円や豪ドル円、ユーロ円など。

※ヘッジファンド
機関投資家や富豪層等から大規模な資金を集め、運用する大口の投資方法のこと。

↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-166.html

2012/06/06 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月4日FXスキャル結果(-6.67%)-3001円

   ↑  2012/06/05 (火)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
おはようございます。

昨日夕方から今朝にかけてトレードしました。
今回は反省点いっぱいです。

まず16時半頃の急落での逆張りIN、2度得切り。

その後はあまりに上値が重いので売りに転換して1100円の利益、あとはユーロドルのチャートを見ながら往復取っていって22時半頃までは調子良かった。

問題はここから…

23時頃の急騰を逆張りでIN、数度得切りを行い、23時20分頃にほぼ反転ポイントで売りを行うことが出来た。

1000円くらいの利が乗っていて安心していたらまさかの爆睡。。。

4時頃目が醒めて見たらマイナスに…仕方なく得切り。

その後、悔しくて入ってみたら間違えてユーロドルと豪ドルに入ってしまい即得切り、スプレッド分400円ほどマイナス。

このミス分も取り返そうと適当に入るがこれももちろんだめ。

最悪な結果ですが今後のトレードに活かしていきたいと思います。

まず辛いほど眠かったら寝る、眠いと待つのも辛いし判断力が鈍る。

あとは誤発注などミスがあっても人間ミスはあると認め、取り乱さない、取り返そうとしない。

そして今回も今までもそうですが連敗は急落や急騰でのIN→得切りの繰り返しによって発生している。

やはり得切りにあってもすぐにもう一度INせず、落ち着いた指値を置いて入るか計画的なナンピンを使って勝率を上げるようにしたいと思う。

今回の大負けを活かして今後はこのような取引をしないように気を付けます。

あと本日、マネーパートナーズという会社で1トレードだけ行う予定です、これは5000円キャッシュバックキャンペーンを受けるためですぐに決済します。

実際のトレードは明日6日夜になります。

それではお疲れ様でした。


《勝率》
10勝17負(37.03%)

《勝ち負け金額》
10勝×平均440円=4400円

17負×平均435.35円=7401円

(損益率=1.01)

《収益》
-3001円

《トレード前→トレード後》
44938円→41937円(-6.67%)


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

641.png
642.png
643.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-180.html

2012/06/05 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

6月1日FXスキャル結果(+0.49%)+223円

   ↑  2012/06/01 (金)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
今日は夕方から仕事なので8時から14時までトレードしました。

朝ご飯食べてチャート見たら8 時半過ぎに大きな上昇をしていたので、すかさず売りIN、えげつない上げで9時半まで売り→得切りの繰り返し。

結局この時点で10連敗、3160円のマイナス、酷い…。

途中1LOTの売買がありますがこれは13LOT分資金があるのに間違えで12LOTしか使わなかったのを補ったためで実際は7連敗。

その後も基本的に同じ売りで攻め、ここでトレンドが変わってくれてやっと利確。

特に10時に売りで入ったポジションは13時半まで粘り、2300円の利益。

その後は底が堅く感じたので買いで入り2度利確。

最初はほんとに死ぬかと思いましたがなんとかプラスで終われました。

一応最初に大負けをしてもルールを破らず落ち着いて?取引出来たので良しとします。

しかし最初の連敗はどうにかならないのか、それとも急落急騰での逆張りでは多少は仕方ないのか…

トレンドが変わってから入るのは怖かったり入っても遅い場合があるのでそこが難しいところですね。

今から仕事いってきます、次は月曜の夜トレード予定です。

お疲れ様でした。


《勝率》
5勝8負(38.46%)

《勝ち負け金額》
5勝×平均777.4円=3887円

8負×平均458円=3664円

(損益率=1.69)

《収益》
+223円

《トレード前→トレード後》
44715円→44938円(+0.49%)


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ





611.png
612.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-178.html

2012/06/01 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

5月31日FXスキャル結果(+5.12%)+2180円

   ↑  2012/06/01 (金)  カテゴリー: FXスキャルピング結果
今日は昼と夜20時過ぎから25時半まで取引しました。

昼は仕事の合間で携帯で何気なくチャートを見たら暴落していてつい1トレードだけしてしまいました。

一応勝ったのですが携帯での取引は迅速に対応出来ないし危ないのでこれからは止めます。

そして夜、色々大変でした…。

最初はトレンドラインの反発を見込んでの売買などで勝ち。

その後、21時15分にADPの発表があり暴落したので買いでINしたのですがこれはスプレットがかなり開いた時に買ってしまい、買った瞬間に含み損400円超え…更に下落して600円越えの得切り。

21時半の指標では一か八かで買いで持ち越してしまいこれも600円越えの得切り。
下落止まらず安値を更新しそうだったので今度は順張りで売り、粘ってこれは約1800円の利益。

その後往復で勝ったり負けたりして0時前には撤収、ブログの更新をしていたのですが0時ちょうどくらいに大きな急落を発見し入ってしまった。

しかし買っても買っても下がり続けてだめ。
一気に78.567円から78.222円に下落という有り得ない下落でしたが得切りはきちんとしたので3連敗でも1200円ほどの負け。

その後、3度目の正直ならぬ4度目の正直でリバウンドしてくれて約1300円の利益。

更に下でもみ合ったので買ったら0時半頃の下落で3連敗、しかしこれも4度目で大きなリバウンドがあり利確。

そんなこんなで0時で止めるはずだったのですが現時刻26時過ぎ…

反省点はスプレットをきちんと見ないでINしたことと大きな指標と分かっていながら持ち越したことです。
今後気を付けます。

でも勝率が50%くらいでも利益率は過去最高でした、これは利大損小が出来たということなのかな?

まあ調子に乗らずに今後も落ち着いて取引していきたいと思います。

Twitterのつぶやき見るととても落ち着いているようには見えませんが(笑)

明日、厳密に言えば今日ですが仕事が夕方からなので昼付近でトレードすると思います。
失業率発表時は仕事で参加出来ないのが残念です…

それではお疲れ様でした。


《勝率》
10勝10負(50%)

《勝ち負け金額》
10勝×平均686円=6860円

10負×平均468円=4680円

(損益率=1.46)

《収益》
+2180円

《トレード前→トレード後》
42535円→44715円(+5.12%)


↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ

5311.png
5312.png
5313.png

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-177.html

2012/06/01 | コメント (0) | トラックバック (1) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。