心機一転!株からFXスキャルピングに転向の株太郎奮闘ブログ!パチンコ依存→株デイトレ→1年で退場→FXと転向を続け、FXには一番の可能性を感じて日々奮闘中! ユーロ円のみのトレード。 不定期な仕事をしている為、毎日は出来ませんが頑張ります。

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

FX&株講座【トレンドライン・支持線・抵抗線】

   ↑  2010/04/09 (金)  カテゴリー: FX&株(共通)講座
今まで常に新しいことを学ぼうと意気込んで勉強してきましたがやはり基本が一番大切なのでは?と最近思いましたのでもう一度基本に戻って徹底的に勉強していこうと思います。

今回はトレンドライン・支持線・抵抗線について。

◆トレンドライン

【説明】
トレンドラインとはレート(株価)のトレンド(上昇・下降・もみ合い)を分析したりトレンドの転換点を捉えるためにチャート上に自分で引く補助線。

【ラインの引き方】
安値と安値、高値と高値を直線で結びます。

ローソク足の長いヒゲは無視しても構いません。

正確に引くことにこだわらず、どんどん引いてみます。

《使い方》
まずはラインの角度から今のトレンドを見極めます。

右肩上がりなら上昇トレンド、右肩下がりなら下降トレンド、水平ならもみ合いになります。

そしてこのトレンドラインをレート(株価)が突破するとトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

目視だけだと分かりづらいのでとにかくチャート上にラインを引いてみることが大切です。

引いてみると意外にもラインがちゃんと働いていることが分かります。

トレンドライン

◆支持線・抵抗線

【説明】
支持線、抵抗線とは反発しやすい水準やトレンド転換点を捉えるためにチャート上に自分で引く補助線です。

抵抗線はレジスタンスラインとも言われます。

抵抗線をレート(株価)が突破することを『ブレイクアウト』、支持線を突破することを『ブレイクダウン』と言います。

【ラインの引き方】
過去に何度か反発があって今後もトレーダーに意識されそうな高値や安値を基準にして水平に線を引きます。

1日の中で反発のあったところ、数日の中で反発があったところなどいろいろな期間を基準にして線を引きます。

【使い方】
支持線や抵抗線はレート(株価)が反発しやすいところです。

このラインを値(株価)が突破するとトレンドの転換点になる可能性が高くなります。

またレート(株価)が抵抗線の上に抜けると抵抗線は支持線に代わり、支持線の下に抜けると抵抗線に代わることがあります。

【反発の理由】
一概には言えませんが例えば長い間、レート(株価)が100円~110円の間を行き来していた場合、その期間に取引していたトレーダー達はレート(株価)110円でほぼ全員が含み益がある状態になり、レート(株価)100円でほぼ全員が含み損を抱えている状態になります。

レート(株価)110円になれば利益確定をしたりここで反発するだろうというトレーダーが増えてきて反発しやすくなります。

反発しないで突破した場合は皆が含み益がある状態に加えてトレンドが転換したと判断するトレーダーが増えて買い優勢になりやすくなります。

逆にレート(株価)100円になればほぼ全員が含み損を抱えている状態になり、安いと考えて買ってくる人やここで反発するだろうと買ってくるトレーダーが増えてきて反発しやすくなります。

反発しないで突破した場合は皆が含み益を抱えている状態に加えてトレンドが転換したと判断するトレーダーが増えて売り優勢になりやすくなります。

支持線抵抗線

↓応援クリックお願いします♪ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-58.html

2010/04/09 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する (記事: FX&株講座【トレンドライン・支持線・抵抗線】)

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。