心機一転!株からFXスキャルピングに転向の株太郎奮闘ブログ!パチンコ依存→株デイトレ→1年で退場→FXと転向を続け、FXには一番の可能性を感じて日々奮闘中! ユーロ円のみのトレード。 不定期な仕事をしている為、毎日は出来ませんが頑張ります。

スポンサーサイト

   ↑  --/--/-- (--)  カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/?overture" target="_new

--/--/-- | Comment (-) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

株デイトレ講座【最適なナンピンの方法②】

   ↑  2010/05/24 (月)  カテゴリー: 株講座
先日、ナンピンについての記事を書きましたが更に違うナンピンの方法を考えましたので参考にしてみて下さい。

前の記事でリスクが低いと紹介した方法⑦のナンピンを元に考えていきます。

今回はナンピンをして買い下がる途中に一部の持ち株を売却することでリスクを下げるという方法について検証していこうと思います。

買い下がる途中で一部の株を売却をするのは損を一度確定させることになりますので精神的なダメージはありますが、その分後々のリスクを減らすことが出来ます。

では実際どのくらいリスクを減らすことが出来るのかを例題を交えながら見ていきましょう。


例)資金100万円、信用枠300万円で10万円の銘柄が3%急落して9万7000円で買う場合。

9万1000円までの下落は想定範囲内なので2000円(2%)下落毎にナンピンする。

しかし、予想に反して株価は更に下落。

8万7000円まで下落してリバウンドしたものとする。


方法①
【ナンピンを続けて買い下がる方法】

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落毎に9万5000円(1株)、9万3000円(2株)、9万1000円(4株)の3度ナンピン。

更に株価は下がり8万9000円になったが信用枠があったので8万9000円(8株)の4度ナンピン。

◆使用資金は145万4000円。

◆平均買い付けコストは9万875円。(リバウンドしてここまで上がれば利益になる)

◆株価8万7000円で損切りすると-6万2000円の損失。

◆3900円リバウンドすると利益になる。

◆買い付けコストを1000円上回るリバウンドがあれば+1万6000円の利益。


方法②
【資金切れでナンピンが出来なくなり、塩漬けして待つ方法】

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落毎に9万5000円(1株)、9万3000円(2株)、9万1000円(4株)の3度ナンピン。

更に株価は下がり8万9000円になったが信用取引が出来ない銘柄で信用枠が使えないため、ナンピンせずに待つことにした。

◆使用資金は74万2000円。

◆平均買い付けコストは9万2750円。

◆株価8万7000円で損切りすると-4万6000円の損失。

◆5750円リバウンドすると利益になる。

◆買い付けコストを1000円上回るリバウンドがあれば+8000円の利益。


方法③
【ナンピンをしている途中に一部の株を売却して買い下がる方法】

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落の9万5000円(1株)買い、更に2%下落の9万3000円で持ち株の一部(1株)を売却(-3000円確定)、同時に9万3000円で(1株)買い、9万1000円(2株)買いの3度ナンピン。

更に株価は下がり8万9000円になったが資金に余裕があったので8万9000円(4株)の4度ナンピン。

◆使用資金は91万6000円。
(売却分含む)

◆平均買い付けコストは9万875円。

◆株価8万7000円で損切りすると-3万4000円の損失。
(売却時の損益含む)


◆4300円リバウンドすると利益になる。
(売却時の損益考慮済み)

◆利確ラインを1000円上回るリバウンドがあれば+8000円の利益。

以上3つの方法を比較していきたいと思います。

方法①
【ナンピンを続けて買い下がる方法】

こちらが前の記事で紹介した方法⑦の方法。

資金の続く範囲での4回のナンピン。

3つの方法の中で最も株数が多いので資金も多くかかります。

また、リバウンド時の利益、損切り時の損益共に最も多いのでハイリスク・ハイリターンと言えます。

しかし、リバウンド幅は最も小さく利益が出るので勝率は一番高いと言えます。


方法②
【資金切れでナンピンが出来なくなり、塩漬けして待つ方法】

資金が少ないのに値がさ株や信用取引が出来ない銘柄などで取引するとこうなる場合があります。

途中でナンピンが出来なくなったので買い付けコストが下がらず、かなりのリバウンドがなければ利益が出ません。

しかし、リバウンド時の利益、損切り時の損益が方法①と比べると半分でローリスクではありますが買い付けコストが高いため、勝率は一番低いと言えます。


方法③
【ナンピンをしている途中に一部の株を売却して買い下がる方法】

こちらが今回目玉の方法です。

3回目のナンピンを行う前に1株売却することにより、後々のリスクを減らす方法です。

この売却する時に-3000円は確定します。

メリットは資金は少なく、しかも買い付けコストを方法①並みに下げられることです。

株数が少ないのでリバウンド時の利益、損切り時の損益共に方法①の約半分でローリスク・ローリターンと言えます。

確定した-3000円を考慮した場合、リバウンド幅は方法①と比べて375円多くないと利益が出ないので勝率は方法①より若干落ちると言えます。


・まとめ
ナンピンは手法によってどれが有利なのかは一概には言えません。

資金が少ない、相場が悪い、又は自信がない時など方法③を利用して後々のリスクを減らすというのも手だと思います。

方法③と方法①の買い付けコストはほぼ変わらないものの、資金が少なく済むので後々のナンピンに資金を回すことも出来ます。

そのため、少ない資金でリスクを少なく値がさ株、信用取引が出来ない銘柄を狙いたい時には使えるかもしれません。


《株を売却するタイミングは?》
方法③では3回目のナンピン前に売却しましたが2回目と4回目のナンピン前に売却するとどうなるか見てみましょう。


【3回目のナンピン前に売却する方法】
※先ほどの方法③

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落の9万5000円(1株)買い、更に2%下落の9万3000円で持ち株の一部(1株)売却(-3000円確定)、同時に9万3000円で(1株)買い、9万1000円(2株)買い、8万9000円(4株)買いの4度ナンピン。

◆使用資金は91万6000円。
(売却分含む)

◆平均買い付けコストは9万875円。

◆株価8万7000円で損切りすると-3万4000円の損失。
(売却時の損益含む)


◆4300円リバウンドすると利益になる。
(売却時の損益考慮済み)

◆利確ラインを1000円上回るリバウンドがあれば+8000円の利益。


【2回目のナンピン前に売却する方法】

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落の9万5000円で持ち株全て(1株)売却(-2000円確定)、同時に9万5000円で(1株)買い、9万3000円で(1株)買い、9万1000円(2株)買い、8万9000円(4株)の4度ナンピン。

◆使用資金は91万8000円。
(売却分含む)

◆平均買い付けコストは9万750円。

◆株価8万7000円で損切りすると-3万2000円の損失。
(売却時の損益含む)


◆4000円リバウンドすると利益になる。
(売却時の損益考慮済み)

◆利確ラインを1000円上回るリバウンドがあれば+8000円の利益。


【4回目のナンピン前に売却する方法】

◆3%急落で9万7000円(1株)買い、2%下落の9万5000円(1株)買い、9万3000円(2株)買い、9万1000円で持ち株の一部(2株)売却(-12000円確定)、同時に9万1000円(2株)買い、8万9000円(4株)買いの4度ナンピン。

◆使用資金は109万8000円。
(売却分含む)

◆平均買い付けコストは9万875円。

◆株価8万7000円で損切りすると-4万6000円の損失。
(売却時の損益含む)


◆5380円リバウンドすると利益になる。
(売却時の損益考慮済み)

◆利確ラインを1000円上回るリバウンドがあれば+8000円の利益。

以上の3つの方法を簡単に比較します。

2回目のナンピン前に売却すると確定する損益が最も少なく買い付けコストも一番低くなります。

しかしリバウンドはすぐにすることもあり、そのような場合には利益が出にくくなり、不利になります。

なので押し目狙いで入ったのに急落し始めて、急落のリバウンド狙いに途中から転向したい時や高値圏を買ってしまったなと思った時などには使える方法です。

4回目のナンピン前に売却する方法は確定する損益があまりに多すぎてほとんど無意味と言えます。

以上、私の意見がかなり入ってますが参考に出来る部分はあると思うので良かったら参考にしてみて下さい。

↓応援クリックお願いします♪
ブログ為替レートにほんブログ村 為替ブログへ
関連記事
スポンサーサイト

FC2スレッドテーマ : デイトレード (ジャンル : 株式・投資・マネー

(記事編集) http://masukonkey.blog37.fc2.com/blog-entry-96.html

2010/05/24 | コメント (0) | トラックバック (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |

Comment

コメントを投稿する (記事: 株デイトレ講座【最適なナンピンの方法②】)

お気軽にコメントをどうぞ。
非公開にしたい場合には、ロック にチェックを入れてください。

  任意 : 後から修正や削除ができます。
 非公開コメントとして投稿する。(管理人にのみ公開)
 

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。